FC2ブログ
   
08
:
2
7
8
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
27
28
29
31
   

アスペルガー症候群もADHDも治る

自閉症が治る、という事は、自閉症が改善して高機能自閉症になり、言葉が発達して、アスペルガー症候群になり、アスペルガー症候群も改善して、ADHD(注意欠陥多動性障害)も性格の範囲内まで改善する事です。
場合によっては、お母さんと家族の熱意と努力によって、とてもたくましくて思いやりのある良い子に育っている事が多いのです。

自閉症が治る!という事は普通に生きていける事です。入学時健診も問題なく通ります。教室で座っていられない事も無く、思いやりのある子です。
でも、多くの方は、大学の教授や医師、療育の先生を信じます。「テレビは関係ありません」そういわれると「本当だろうか?」と調べる事は少ないようです。とっても子供を愛し、療育に熱心なお母さんでも・・・

自閉症の事は本当に何も解っていません。でも、治る自閉症もあります。賢い選択をしてください。

テレビやビデオがこだわりになっている子は重症化しているような傾向があります。と書きました。
音楽療法がいい!と聞いて実行したお母さんのブログでは、症状は悪化しているように思いました。
先日見つけて読んだブログでは、音楽が好きだから、脳音?とか言う療法を受け、その後療育手帳の診断が悪くなりました。と書いてあり、悔しくてたまりません。

専門家がもっと頑張らないので、何でも利用されるのです。
火星まで到達できる時代に、幼児教育などの専門家は何をしているのでしょう!!!

でも、昨日初めて電話をいただいた方から、小児科の先生に「テレビはよくない。少しならいいです。」と言われたと聞きました。少しは良い方に変化しているはずなのに、療育は満員??
なんで???と考えていました。ある方から、スマートホンが幼児に与える影響を書いた新聞記事をいただきました。

また新たな危険が現れたようです。
そうした積み重ねが、子ども達の脳が、人間社会で普通に生きていくための能力を身につけることを阻害している可能性があります。


3才までは、危険なのです。
どうして阻止したらいいのでしょうか?
日本はどんな社会になるのでしょうか?

頑張ってください!!専門家の先生がた。
スポンサーサイト

アスペルガー症候群の生きにくさ

アスペルガー症候群には、言葉の遅れは目立つほどはありません。
しかし、我慢が出来ない・待てない・諦められない・などの自己中心的な行動障害と社会性の障害(場の雰囲気を読めない・気が利かない・他)時には攻撃性がある事もあります。

そんなアスペルガー症候群の症状は、学校生活ではいじめや不登校になりやすく、不登校から、心を病む事もあります。働くようになっても、人間関係につまずいて、引きこもる可能性もあり、
小さい時には可愛いアスペルガー症候群の子ども達は、長い人生の中でつまずく可能性はかなり高いのです。

だから、何とか性格の範囲内まで治してあげたい!!!と願います。
ABAや療育に取り組んで、かなりのところまで改善して、言葉の発達が伸びている子ども達・・・「機械音を除いて頑張ったら、もっと伸びるのに」3カ月でいいから絵綜合療法に取り組んでくれたら、多動もこだわりも言葉も、グンと伸びるであろう・・・。

長い夏休みでした!

日本のお盆の行事に振り回されて、そのまま9月の法要の準備に入りました。
涼しくなったら、頑張るから・・・と自分に言い聞かせています。

5・6月からカウンセリングに入った方は、順調に改善の報告を受けています。でも少しでも3才台に快復させたいと
カウンセリングには手抜きはできません。取りもどせない大切な時間ですから・・・

でもお母さんも疲れています。

時代が変わったと思うのは、カウンセリングをするお母さんが勤めていらっしゃる事が多くなった事です。務めながら療育にも通い、家事をこなし、子どもとコミュニケーションの時間をとりABAをする。とっても大変な事です。もう少し余裕を持って育児を楽しめるといいなーと願ってしまいます。

どのお母さんもとっても頑張っていらっしゃいます。子どもを愛しています。

どの子にも、障害を持たないで、普通に人生を楽しく頑張って生きてほしいと願います。

最近は、機械音が、テレビではなく、モーツアルトの音楽や英語を聞かせていた、という子どもに良いと思ってしていた事がかなりある事が、とっても悲しく思います。

どうして伝えたらいいのでしょうか?
こんなに療育関係の、医師、施設が増えたのに、それでも待たなければならない・・・???

子どもの数は減少しているのに施設へ来る子の数は増加している。という

赤ちゃんには静かな環境が大切です。
昔の子育てをしましょう!!!!


心配なお母さん、いつでもお電話ください。心配な事、お聞きします。
リンク欄の「浅野幸恵ネット」には携帯番号が乗っています。 
あい子ども相談

自閉症児の親を療育者にする教育・

ミッキー・キーナン編 二瓶社発行・・のまとめから

行動療法は、反対する学者もあると聞いています。でも、私は、行動療法を知ってから、奇跡の人の映画を見直し、サリバン先生の本を読み、図書館の行動療法関係の本をぜんぶ借りてきて、関心のあるところを読みました。つみきの会に入会して勉強もしました。そして、今はカウンセリングをするみなさんに紹介します。

応用分析学は、親を共同療育者として教育して、親が子供の療育を行います。


具体的な事
☆ 目標行動の設定・・・私が最初にするのは何を学習させたいかを決定する事です。
☆ 問題行動を、適切な行動に置き換えるように計画されたあ介入をする。
☆ 強化される行動・・・社会性やb情緒、あるいは知的な発達を促し、子どもがより幸せになる事を助ける行動
☆ プロンプト・・・手助け、要求が出来ない時は素早くプロンプトして成功させる。
☆ 強化の原理・・・あたたかい養育環境を用意することによって、やる気のある子どもを育てる事
☆ 強化子の選び方・見つけ方・・・子ども達の興味を引くような新しくて刺戟的で珍しいおもちゃをいつも探す

この本は、かなり難しいけれど、今は読みやすく実行しやすい本が多くあります。

明日はもう少し解りやすい用語で、説明します。

只、綜合療法では、自然な発達がどんどん進んで、行動療法は基本的な事を教えるだけで終わる事が多くあります。特に2歳代からの療育の場合は、
ABAは、愛情豊かなお母さんが親や教師が程度の差はあれ行っている事だから、誰にでもできる事です。

4・5・6月は、カウンセリングを始める方が増えます。でも、機械音を除き、栄養補助食品をとり始め、まだ、行動療法を教えないうちから、子どもが変わった!!!とメールをもらいます。

それでも定位発達に追いつくためには、行動療法を資料やメールで指導していきます。つみきの会を紹介する事もあります。最近はわすれていましたが、タンパク質は、に肉よりも魚を、と



男の子に多い原因は?(仮定)

男の子が3人とも自閉症です。と聞いた事もあります。
子どもの多動、こだわりやパニック、育てぬくさでお母さんは、とっても大変でした。

「夢の国から孫二人」も兄弟で自閉症でした。
双子が自閉症、という確率も大きい。それで、遺伝の可能性が高い!というのは、おかしいですね。

双子や兄弟に多いのも、環境要因が関与している場合は、環境が同じならば当然です。一卵性双生児に多いのは、2卵生の場合は同姓でない場合が含まれています。男の子が自閉症を発症しやすいので、これも当然です。

私がカウウセリングした2卵生の双子の場合も、男の子だけが自閉症を発症していました。
男の子同士の双子の男の子は、二人とも自閉症を発症しました。

では、環境要因が関与している場合があるとして、どうして男の子が多いのでしょうか?

男の子、女の子、どこが違うのでしょうか?

赤ちゃんは、お母さんのおなかでお母さんの女性ホルモンにさらされて生育します。男の子になるために、男の子は、胎生期8週から20週の間と、生後すぐから、2カ月をピークにして4カ月にかけて、大量の男性ホルモンを分泌します。
男性ホルモンは、コレステロールから合成します。音の刺戟を処理する神経伝達物質はアセチルコリンです。アセチルはブドウ糖から、コリンはレシチンが材料になって合成されます。しかも、脳の中の成分は、水分を除いた50%は脂肪で、40%がタンパク質です。脳に脂肪はとても大切です。魚に多いDHAやEPA の不飽和脂肪酸はとても脳に大切です。日本人が頭がいいのは魚を多く食べるという説もあるくらいです

そうした身体の仕組みの違いが、男性に自閉症が多い原因の一つになっている可能性があると思います。だから、栄養補助食品のレシチンを与えると子ども達の、自閉症の症状が、ぐんぐん減少するのではないでしょうか?

これは、仮定です。でも、学者ならば、もっと確実に結果を出せるのではないでしょうか?
なぜ、男の子が多いのか?学者は栄養学が苦手なようですね。人の身体あは栄養素で出来ているのに、栄養は健康を大きく左右するのに、病気になった時に、栄養学はまだあまり採用されていない事が多いですね・・・

生後2か月の子のお母さんに、「モーツアルトの音楽を止めてみてください」というアドバイスで、自閉症の初期の症状が1カ月で改善されたのですから・・・しかも、一人だけでなく
動物実験が出来ない事なので、この事実はすごい事を証明していると思います。

脳のトラブルに、栄養素は大きな働きをし、安全です。
蛋白源として、魚を多く食べましょう!!

コメント・嬉しい事

6日、3つ目のブログです。明日は休まなければ・・のめり込み過ぎです!
コメントをいただきました。許可を得てブログにのせます。

私は、幸せなカウンセラーです。
ほとんどは、こうして良くなりました!こんなことが出来るようになりました!! と言うコメントです。
ひどく悩む事はほとんどありません。

ただ、ボランティヤに近いけれど、一人でも多くの子どもに元気になってほしいし、それが日本中に広がるように願っています。

この子は、ひどい睡眠障害もあり、お母さんは大変でした。生まれた時からと聞いていたので、どれくらい良くなるか心配していましたが、最近良い傾向が見えだしました。少し安心しました。ひどい睡眠障害は、家族が心身の健康をくずします。これなら、少しずつ改善してくれるのではないかと思います。
**************

こんにちは。いつもありがとうございます。
息子 (2才10ヶ月)は人懐っこい子供になってきました。
最近嬉しいことがあったので、今日はメールではなくコメントします。
保育園の帰りに同じクラスの女の子(かほちゃん)が近くにいたので、
『かほちゃんにバイバイしたら?』と言ったら、

かほちゃんバイバイ!』と言って3m位離れていたかほちゃんに近づき、
『ターッチ!!』と言って自分から手を出してタッチしました。
普通の子みたい!!と感激です(^^)

テレビを消して2ヶ月半、栄養素をとって2ヶ月弱です。
毎日のようにお友達を噛み付いたり、叩いたりした子とは思えません。


パニックも多動も無くなりました。ただパニックになりそうな時は、
『1,2,3,4,5…』と数を数えて我慢しています。
先月末は家のすぐ近くでやる花火大会も避けて、近くの静かな温泉に行って来ました。
機械音や爆音を避けるのは大変ですが、息子の成長が目に見えて分かるので止められません。がんばります!
まいこ URL 2012-08-06

まいこさん、コメントありがとうございます。
楽しく頑張りましょう。

始めての方、3カ月試してください! という事、解って頂けますか

脳が元気になると、普通の育ちのルートへ

機械音は、鼓膜から脳幹を通って聴覚野に届きます。
脳に入った刺激は、栄養を使って脳に記憶されます。

広汎性発達障害の子は、そうして記憶された言葉は、話し始めると、独り言になって発語されます。
初めての言葉が「コマーシャル」ということは、本にもブログにもいっぱい記録されています

使わない脳は、少しずつ消えていきます。コミュニケーンを伴う言葉をどんどん強化します。
その内に機械音の騒々しい刺戟が減って、大量の栄養を使わなければ、脳の細胞が元気になっってきます。

すると色々な自閉症の症状が減少します。多動などは、かなり早く減少し楽になります。つま先立ち、こだわり、偏食、睡眠障害も・・・
、次第に、記憶力も良くなって、脳が普通の育ちのルートに入っていきます。


しかし、乳児期に育っている、非言語コミュニケーションの遅れを心がけて教えていかねばなりません。
眼を見て話すという事を始めから取り組みます。
聞いた言葉の理解力の遅れが残ると、アスペルガー症候群になります。楽しく夢を持って頑張りましょう。

言葉はコミュニケーションをとりながら教えます。フラッシュカードやDVDなどには頼らない方が賢明でしょう。昔の子育てがいいのかもしれませんね。

生まれつきの脳の障害で治らない!と言われている障害と、闘っているのです。そのために私は栄養補助食品を使います。(分子整合精神医学)
それでも、難しい時があります。

予防が出来るといいですね!!「3才までの3年間は、長い時間テレビを見せない」と言う事が常識になると!!!
最近睡眠障害がひどい子が多いのですが、テレビが大型化したことが原因の一つになっていないでしょうか?




小児科医の指導がありました!!!

昨日はとっても嬉しい電話がありました!!!

小児科の先生が「テレビをきってごらんなさい。4カ月だけでも」と言われたと聞きました。
そして変わったと。

やっと、そんな時代が来た!と、嬉しくなりました。機械音をのぞくだけでも、子どもは変わります。
私は、性格の範囲内までの改善を望むので、栄養補助食品を勧めます。

機械音を除いたら、自閉症が良くなった!!!という声が大きくなって、
その声が、3才までは、テレビやビデオを長い時間見せないように、
乳児期は、静かな環境が必要です。

と言う事が常識になりますように、
どの赤ちゃんも、子ども達も、思いやりのある優しい子に育ちますように祈ります!!!

10年前、「そんなことは迷信です」と小児科医から言われたお母さんがありました。
有名な専門家が、一時、「テレビやビデオが乳幼児の発達には良くない事」を、雑誌に発表しました。それを読んだ時にとっても嬉しかった。でも、それ以上の発展はありませんでした。

最近になって、言語療法士の方から「生まれつきでない自閉症、環境要因の広汎性発達障害の可能性!を口にしようものなあらば、仕事が出来ないような雰囲気がある」と聞きました。
こんなことがあっていいのでしょうか?

子どもの数は減っているのに、言葉の教室へ来る子は増加している。とあちこちから聞きます。
母親の力で、あなたの力で、子ども達を救いましょう!!!
力を貸してください。

テレビやビデオの機械音を除いて、子どもが変わりました!と言うお母さん・お父さん、
そのことを、広めましょう。これから生まれる子ども達のために、日本の将来のために・・・


私は 専門家?

ある福祉関係のブログの片隅に、名言が乗っています。

城山三郎氏の言葉として、

「 大人が、1年間、ムキになってやれば、

大抵の事は、りっぱな専門家になります。」

と載っていました
****************

私は、もう10年以上、自閉症に夢中になっています。

その前の何年かは、原因が解らないとして急増していた不登校と脳を研究しました。

それを、「脳から治す心のトラブルと不登校」を 築地書館より出版

その後の自閉症の研究は 「問題行動と子どもの脳」を 築地書館より出版 

今年、冊子「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」を印刷しました。

私、母親の立場で、子どもの幸せのために、自閉症を研究してきました。

信じてくださいね!専門家です!  自 画 自 賛 デス 

音楽療法と自閉症

モーツアルトの音楽をかけていました。何度か聞きました。
生後2か月の赤ちゃんのお母さんから「笑わなくなった、眼が合わない、抱きにくい」心配で心配で・・・」と電話をいただきました。今までに二人ありました。

自閉症の初期の症状ですが、生後2か月の子のお母さんに「自閉症です」とは言えません。念のために機械音の事を確認すると、「モーツアルトの音楽をかけていました」とおっしゃいました。「それならば、機械音を除けば良くなると思いますよ、よくなっても1年は気をつけてください」と伝えました。1ヶ月後には良くなったとお聞きしました。
最近、モーツアルト・・・と聞くことが多いので、調べてみました。
ホームページには、音楽療法の効果に 自閉症 と書かれていました。

こんな事はあってはならない事です。脳に良いから脳の障害の自閉症にもいいだろう!と言うだけのように思います。
本当に効果があった!!!言葉や社会性が発達した。という報告がどれほどあるのでしょうか???
悪化したという報告は無いのでしょうか?

こんな危険な事が許されてはいけません。
学者や医師が、莫大な研究費を使いながら、「自閉症は生まれつきでなおりません」と言っているから、こんなことまで、起きてしまうのだと思います。

「星の国から孫ふたり」の中にも、モーツアルトがいいと聞いたお母さんは、すぐに買い求めたと書いてあります。その後全く伸びてはいません。

ブログの中にも、モーツアルトがいいと聞いて早速買い求めたお母さんがありました。1年たっても言葉は発達せず症状も変化していません。私は当然の事だと思いながら悔しくてたまりませんでした。お母さんの子どもを良くしたいという気持ちを利用して・・・と、・・・なんでこんな事がまかり通っているのだろう!

こんなブログがありました。
****************

・・・そういえば、Aがお腹にいる頃、
胎教音楽にモーツアルトを聴かせるとよいのだと・・
育児の世界ではモーツアルトがちょっとしたブームでした。

私も確か聞かせていたような気がします・・。
生まれてからだったかもしれませんが・・・(^_^;)

しかし、発達の遅れを知った頃
モーツアルトなんか関係なかったじゃん!
と、怒りを覚えたりもしました。・・・

***********************

モーツアルトのCDを買い求めて、聞かせ、自閉症の子が良くならない、あるいは悪化さえしているようなブログに、悲しいと思いますが、
普通に育つはずの赤ちゃんが、モーツアルトの音楽を一日中聞いて、自閉症児の症状を現わすとしたら・・・こんなことが許されてもいいのでしょうか?
音楽療法から自閉症、と言う言葉は除くべきだと思います。
乳児には静寂が大切な事、長時間の機械音が良くない事をもっと広めなければなりません。
お母さん方のブログは、大切な事を教えてくれます。自閉症の研究者はブログを研究すべきだと思います。何も解っていないという自閉症の、たくさんの事を教えてくれています

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示