FC2ブログ
   
10
:
1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
24
25
27
28
29
30
31
   

先輩お母さんのコメント

AAの成長が、皆さんの励みになるならいつでも
掲載はオッケーです

でも、私も
浅野さんのアドバイスのもとで成長していった
おこさんの、小学校、中学年や、高学年
中学生にまで成長した事例をめにして励みにしたいのです

ですので、小3、小4、小5、小6、中学生になった
その後の成長を
ときどき、アップしていただけると嬉しいです(*^_^*)

それは、今、保育園・幼稚園にいってるお子さんの親も
励みになるのではないでしょうか
倉本AAの母
+++++++++++++++++
コメントを有難うございました。

私のカウンセリングは定位発達に追いつくと、終わっていましたが、これからは、年に2回ぐらいは、最近の様子を連絡していただけるようにお願いします。それは私の記録として残し、カウンセリング中のお母さんの励みになるように、時々はブログに掲載していきます。

倉本さんもお願いします。
しばらく連絡をとっていないお母さんに連絡してみます。
待っていてください。
カウンセリング例のまとめも少しずつ進んでいます。
簡単にまとめたのですが、読んだお母さんの役に立つようにと、書き加えています。
スポンサーサイト

倉本AAくん2年生に、小学2ン年生に!

小学2年生で、元気に普通学級で暮らしている子のお母さんから嬉しいコメントが入りました。

多くの方に読んでいただきたいので、ブログに掲載させていただきました。

++++++++++++++++++++++++++++

うちの子は、緑の冊子では、倉本AAくんでしたね(*^_^*)

今小学二年生になり、普通に育ち、成長中です

保育園で言葉の遅れや、問題行動をしてきされて
偶然岩佐さんや、浅野さんの本を手に取り
藁にもすがる気持ちでお電話したこと、昨日のようにおぼえています

現時点では、成績は良いほうです
学校では、特に問題もなくすごしています
まじめで、優しい・・と定評です
1年生の4月から、兄と同じスポーツの少年団に入りました
性格が穏やかなほうなので、積極的な子が多い少年団でどうなるかと思いましたが 現時点では、いい方向に刺激をもらっています

4月に誰も1年生がいない中、いれてよかったと思います
先日の2年生以下の大会では、AAよりもうまい子は3年生の試合によばれたため、AAにキャプテンを任命されて、シュートも決めて 2年生でただひとりもらえるメダルをもらいました

AAにこういう経験をさせてもらえて、ありがたかったです

もうまったく心配はありません・・!!といえればいいのですが
たまにきになるのが
皆がある事柄で話してる時に、全然違うこと(読んだ本の話題とかセリフ)をいって強引に話に入ろうとしてくることとか・・その都度、違う話題で話してる時に、突拍子もなく、読んだ本のセリフをいったらおかしいよ・・と指摘するのですが・・

あと、学校の先生からも、話すときにもっと接続語をいれてはなすように指導していきたいと懇談でいわれて・・
話すことに関して、たどたどしさも若干あります

家庭生活や、学校生活で問題になる程度のことではないので
どんどん、のばしてあげたいです

今では、テレビは、一日に30分、休日は1時間ほど
家族で楽しむひとときとしてみせています


夏休みは、祖父もまじえて3Dの映画も映画館でみました

こんな日がくるなんて・・テレビなし、機械音なしの生活を続けていた時は、夢見ながらも、出口のないトンネルをあるいているような気持ちだったので、嬉しいです

あと、1年生のおわりからはじめた、スイミングも、二年生になって
級があがってがんばっています(*^_^*)

彼なりの成長をこれからも見守って応援していきたいです

テレビなし、機械音なしの生活をしていたときは、ものすごーく努力して
それこそ、血反吐がでるくらいがんばったといっても過言じゃないです
私も余裕がありませんでした
小学校にはいって、大丈夫なんだな・・とおもいはじめたら
すこしずつ気がゆるんで、のどもとすぎれば・・みたいな気持ちになることもありました

そんな時に、この浅野さんのページをよんだり

たまたま、うちの学校にある、
「ことばの教室」や「通級」に通わせてる子のお母さんと会話した時に
そのお母さんも、方法は違うけれど、いろいろ努力されていて

AAは、幸いなことに、浅野さんのアドバイスや、私の努力?によって
普通にそだちはじめたけれど

私もパートだけれど仕事を再開して、忙しさの中、全然かかわってあげれないときもあるけれど

初心忘れるべからずで、これからも少しでも努力していきたい・・と
思っています

また成長を報告させてくださいね
浅野さん・・いつまでもお元気でいてください
そして、悩んでるお母さんをひとりでも助けてあげてくださいね
応援しています

++++++++++++++++++++++++++++

有難うございんした。カウンセリング中のお母さんもこのメールを読んで、元気を出して頂けるでしょう。

治る自閉症があります。早期療育ならば、性格の範囲内までは、
脳にはすごい可塑性と代償機能があります。

だから、様子を見ましょう。2ヶ月後に診察です。・・・その間、何の指導も無く・・
これが専門家なのでしょうか?

5才6ケ月、就学時健診の報告です!

緑の冊子の田上くんのお母さんです。1才11カ月からカウンセリング開始しました。
1才11ヵ月の時、言える言葉は、2語でした。多動・パニック、奇声がありました。

+++++++++++++++++++++++++

先日、就学時健診があったので、その報告をさせてください


保育園の友達と近所の友達(兄の同級生の弟、たまに一緒に遊ぶ)も誘って行きました。

本人は家を出るときから緊張顔、学校でみんなに会っても緊張はとけず。
皆はいろいろ探検したり遊びまわるのに、Sは私のそばを離れず。

何回か学校に来ているし、集合場所の体育館も入ったことがあるのにダメでした。


受け付け順に10人づつ5年生に連れられ教室へ。
この様子では知能テストどころか健診まともに受けられないに違いない、
椅子に座って待ちながら殆ど諦めていました。

ところが、全て終わって帰って来た時は、緊張は解けて朗らかな笑顔でした。
体育館を出ると「みんなと遊びたい」と言って、皆のいる方へ走って行きました

その様子を見て、あの緊張感は、この健診を頑張らないといけないことをキチンと理解して
のものだったと分かりました。

健診では
・名前を聞かれた
・○や△が書いてあり、その横に同じ絵を描いた
・ぞうやきりんの絵が書いてあり、その名前を答えた
・男の子と女の子の絵があり、女の子がどっちか答えた
等でした。

目や耳の健診はきちんと出来たらしく、異常なしでした。

本人がとても頑張っていたので結果はともかく終わってホッとしました。
療育のSTの先生には「発音の二次検査には呼ばれるかもしれない」
と言われていたので、それは少し覚悟しています。

今年に入ってからの療育等の経過です。
・4月から月1回のST
・7月末から公文で算数、国語を週1回づつ
・6月に支援センターの個別の様子確認、知能検査
・8月に保育園での集団の様子確認
・9月から週1回のスイミング

9月には支援センターの方から、
・知能検査の結果 実施年齢5歳1カ月
            試験結果4歳7か月で知的には平均値であること
・先生やお友達とのかかわり方に問題はない
・先生の話もキチンと聞けて、落ち着いて座っていられる
等などのことから 
1年生の間は普通学級で頑張れるでしょう、との言葉を頂きました。

一方、指摘された問題点は
・なれない場所にどのくらいで慣れて、自分を出せるようになるかでした。

二次検査等また何かありましたら、連絡させて頂きます。
とりあえず、ご報告まで。
*****************
浅野・・・1年生の間は・・・と言う言葉が気になります。綜合療法をした子は、症状も改善しているので、今までの例では、その後も大丈夫でしょう。

今年の4月からカウンセリング開始

集団療育は、断るつもりですが、言語訓練と作業訓練、発達検査は 受けた方が良いのですよね?

やっと、ようやく 模倣出来るようになったみたいです。

1~10 まで数える時も、何となく 一緒に言えています。

積み木で、『一個 ちょうだい』『二個 ちょうだい』も出来ました。
(まぐれ かも? 引き続き教えます)


一昨日、いっぱい入った ケチャップを見て 『おーき(大きい)』言ったので、昨日 2Lのペットボトルに、絵の具で色付けた水を入れて、『いっぱい』『少し』『空っぽ』を教えたら、直ぐに理解出来たみたいです。

次は、積み木を積んで『高い・低い』理解出来たら、電信柱などで 教えようと思っています。

教えたい事が、次々に出て来ます。

イマイチ理解出来ていない様な事は、動作の度『ぬぐ』『着る』などと教えています。

靴を 反対に履いていたので『反対』言ったら、履き直せました。

コミュニケーションがとれて 可愛いです。
分かった ふりをして聞いています。

+++++++++++++++++++++++++++

上手に教えてみえるので載せさせていただきました。

言葉が増え始めて、お母さんも私もホッとしますが、一息ついたら、又、定位発達の子をめざして頑張らなければなりません!!!出来るならば、4才までに、できるだけ追いつきたいと思います。

4才をコスト言葉の発達は少しゆっくりになりますから・・・
脳が元気になると、覚える力がつきます。

脳には可塑性、代償機能があります。早いほど、その機能は協力で、だから、早期療育が大事です。
一刻も早く療育に入りたいのに・・・

何の指導も無く、何カ月も待たせます。
専門家は、何の専門家なのでしょうか?  脳の事を知っているのでしょうか?

綜合療法、20・臨床例のまとめ、

緑の冊子「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善、体験記録」以後のカウンセリングのほとんど全て20例をまとめました。
A4で、19Pです。
まだ、カウンセリング中の方のみに発送します。メールで申し出てください。よんで、訂正がありましたら、早急にお知らせください。もちろん仮名ですが、ご自分のは解っていただけると思います・・・
一番最近の様子を掲載したいと思います。最近メールが無い方は、近況をお知らせくださいね。追加します。

出来たら栄養素と一緒に送りたいと思っています。

最近のカウンセリングの中で、多くのお母さんが、「自閉症は治りません」と医師や専門家から言われていました。だから、さまざまな療法が、入り込んで、あまり改善しなくても、それは子どもが悪いのだと言うように、場合によってはかなりの大金を使って、カウンセリングが続けられます。

私は、経験から、乳幼児が機械音にさらされていたのならば、かなり高率で性格の範囲内まで改善すると思います。
それは私の体験だけではなく、岩佐京子先生の30年以上の経験も積み重なっています。

多くのお母さんが、「この子を普通に生きていけるようにしてやりたいと、苦しんでいます。
多動や偏食、パニック・睡眠の障害で苦しんでいます。本当はとっても楽しい育児なのに・・・

そして、自閉症連続体(スペクトラム)の場合、改善しなければ、自立することが難しい可能性があります。
とっても大変な事なのです。

長時間の機械音を除く事で、改善もできるし、予防できる可能性もあるのです。

多くのお母さんが、実行して、改善して、その事をこれからのお母さんに伝えたいのです。
綜合療法を実行した、ほとんどの子が、それなりの改善をしているのに・・・

お母さん方は、子どもが普通に生きていけるように、それを目標に頑張ります。
改善が遅い場合はお母さんと一緒に反省し、原因を探します。

発達検査・79から97へ

カウンセリング例のBくんです。
3月半ばから綜合療法をはじめ、6ケ月たちました。
綜合療法を頑張って6ケ月、ここまで上昇しました。
知能的には、普通になりました。
これから、社会性やコミュニケーションの発達の遅れに取り組んでいきます。
まだ3才4カ月、大丈夫だと思います。

今頑張っているお母さん達の励みにもなると思い、ブログに掲載をお願いしました。
3-4月から始めた子ども達が、最近ひと山越えた様に落ち着き、言葉が増えてきました。
綜合療法をして良かった!!と言っていただいて、私もホッとしています。
***********************
Bくんのお母さんのメール

息子も今日で3歳4ヶ月になりました。
そして、今日発達検査を受けてきました。

口頭で数値を言われたので、覚えている限りですが、、、。

運動 年相応
認知適応 105
言語社会 92
トータルで97だそうです。

半年前の4月に受けた時は79の知的ボーダーだったそうです。
数値が上がっているので、少し安心しました。

検査担当の方によると、
発音が聞き取りにくくて、不正解になったところもあるとのことです。
言語はもう少しできていると思って良さそうです。

ただ、担当の方の指示を聞かずに勝手に始めてしまったり
感情を表に出せなかったりしているので
来年からの幼稚園での集団生活では慣れるまでは
少し配慮が必要になるでしょうと言われました。

給食や遠足など、慣れていないことに対して
予告をしたり練習をして対応した方が良いと言われました。

息子も慣れてくれば変わるでしょうし、あまり心配しすぎずに見守りたいと思います。

最近の息子の様子ですが、
妹を叩いたりするのは完全にはなくなっていないのですが
少し減ってきているようです。

また、「あげる」と「もらう」の区別ができていないので
実際に動作を示して「ママにお菓子をもらう」
「ママにブロックをあげる」などと言わせています。
毎日少しずつ、1週間くらい経ちますが、やはりまだまだ混同しているようです。

かわりばんこに会話をする練習もしています。
「ママは、おやつにおせんべいを食べた」と私が言ったら
「Bは、おやつにプリンを食べた」と言い
「ママは黒い服を着ている」と言うと「Bは青いTシャツを着ている」と言うように。
最初はなかなか言えなかったのですが、
今は誘導しなくても自分から言えるようになりました。


今日の発達検査を目標に最近は日々頑張っていたので
数値が上がって嬉しいですが、数値だけにとらわれず
来年の幼稚園生活のためにまだまだいろんなことに取り組んでいこうと思います。

ご指導のほどお願いします。

目標は、普通に生きていけるように成長

前に紹介したカウンセリング例ーAくん2才10カ月(H25年4月から綜合療法を開始)からのメール

息子は、単語が ようやく増えてきた気がします。
『ぶ・りゃんこ(ぶらんこ)』
『はさゃび(はさみ)』
と、以前より少し分かりやすくなりました。


ぶらんこが、好きで 『ぶ・りゃんこ』と ぶらんこの前で言うので、『ぶらんこ のる よ』と言うと『ぶ・りゃんこ………のりゅ』と言えるようになりました。
プロント ありありでですが…。


2語文は、なかなか難しいみたいです。
息子 『おちゃ』
私 『おちゃ なに?』
息子 『おちゃ』
私 『ちょ』
息子 『ちょだい』
私 『そう おちゃ ちょうだい
ね』 といった感じです。


オンブしていた時、『おりる』と言ったので、ビックリしました。
不明瞭な言葉ですが、2日続けて言えました。

おやつを食べている時、ホッペに手を当てる仕草をしたので、
『おいしい よ』と言うと『おいし』と言えたりしました。


『なぁ~にゃ なぁ~にゃ(なに)』は、突然 言ってきます。

絵本を読んていると、マネする単語が出てきたので、
ようやく 少し、言葉の模倣が 始まったのかな?と思います。


症状は、かなり改善していると思います。
寝付きは、あんまり 良くありませんが、早く起こすようにして、お昼寝も早めにしたら少し マシになりました。
お昼寝は、オンブでしか寝ません。

我慢も 出来るようになりました。
普通の子でも ある程度の癇癪は、ありますが、以前とは違う…私の目を見て訴える…言葉にならない 言葉で…
涙を流しながら、『涙、拭いて欲しいの?』と言うと『ふいて』と言えす。

少し、我慢させてしまったかな?とも思いますが、我慢出来た時 は、褒めまくります。

目が、良く合うよになりました。
私が、絵本を読んていると ジーっと私の目を見たりします。
始めた頃は、目を逸らしてばかりでしたが、驚く変化です。

ジャンプの練習や、線を引く、丸を書くなどの練習は、した方が良いでしょうか?
+++++++++++++++++++++++++

浅野・・・その後のメールで「ひと山越えたような気がします!」といただきましたが、始めてから6カ月たって私も少し焦っていました。只、言葉の割に症状は確実に減少していましたので、がんばれたと思います。
目標は普通に生きていけるように成長することだから、成長がゆっくりだと心配します。

綜合療法の基本が守れているかどうか?確認します。

メールより、保育園へ行く事

言葉がまだ十分に伸びていない子には、集団にいれる事を伸ばしてもらうように指導しています。
しかし、指導者や保育園の先生方が、「集団に早く入れあ方がいい」と指導されることが多くなりました。
集団に入れれば社会性が伸びる、なんて言い方は素人が考える事ではありませんか!!!!

言葉を覚えるには、1対1のコミュニケーションが大事です。リンゴを見て、「りんご」と耳から聞く、クツを履くときに「おくつはくよ」と聞いて、子どもは言葉を覚えます。子よ場が遅れている時はまず、それが覚えられる脳に改善しながら、1対1のコミュニケーションを通してキチンと繰り返して理解言語を教えていかなければなりません。

脳を元気にするためには、機械音の除去と栄養補助食品ががとても効果があります。

それが、どうして専門家に解らないのでしょうか?
打ち消し文そんな時に、Kくんのお母さんから、下記のようなメールが入りました
皆さん!!!どうか自信を持って、子どもとの時間を大事に過ごしてくださいね。
***********************

最近、児相で担当の児童心理士の先生と遊んでいる様子をビデオ撮影したものを 発達障害の子どもとよく接する専門の先生と見て評価してもらう機会がありました。
ビデオの中で、Kは大体集中して遊びに取り組めており、うろつきまわることがあまりありませんでした。


先生の評価で、周りの動きをよく見ていて、動きにむだがない、全部理屈にあった動きをしている」と言われ ホッとしました。

また、この先生は、栄養素は抜きとして,
保育園に対して浅野さんと似たような考えを持っておられ、
今の子どもたちは保育園に入れるのが早過ぎる]
と言われていました。「時代だから仕方ないのかもしれないけれど、もっと家庭でじっくり育ててあげなきゃいけない。家庭も集団なんですよ。1対1でも僕は集団だと考えています」と言われていました


児相では 早く保育園などの集団に入れることが子どもの為になる、という考えが大筋です。
その児相の職員を前にこのようにハッキリ言ってくれる先生がいたことに とても嬉しく思いました。
私が保育園への登園を制限していることに対して、色々意見されることもありますが、その居心地の悪い心境も理解してもらえ、とても救われた気持ちになりました。

*****************************

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア