FC2ブログ
   
01
:
1
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
24
31
   

改善するのに、広がらないのでしょうか?

今日はこれから、名古屋に出かけて、片岡直樹医師と お会いします。
先生はカウンセリングと 講演の予定があって、名古屋にいらっしゃいます。

きっと先生と一緒に、「どうして広がらないんでしょうね。
岩佐京子先生が、気付いて、機械音を除くというカウンセリングを始められてから、
もう50年近くなるというのに・・・・


そう言って、ぼやき合うかもしれません・・・
ほんの少しずつ、進んでいるように思いますが、
その間に、多くのお母さんや、子どもたちが、自閉症スペクトラムの診断を受け続けます。

日本の中心の東海地方の幼児教育関係の方々が、理解してくださって、日本中に広がりますように祈っています。
そのために、小さな1っぽでも、頑張ろうと思います。

いつも、カウンセリングを始める時に、お母さんに言います。

お母さんが療育者ですから、悲しんでいる暇はありませんよ。一緒に頑張りましょう」と

そうして、お母さんは知っていればしなかったのに・・・「自閉症とは生まれつきの脳の障害です」と言っている専門家の責任は大きいと思います」・・・・と

自閉症に関係する遺伝子は、まだ見つかっていません。
初めに、生まれつきの脳の障害、といった方は、どなたなのでしょうか?
スポンサーサイト

自閉症スペクトラムと雑音

ペンテル・グランディン女史の本「自閉症の脳を読み解く」の中に次のような記述があります。

1943年 カナーの記録の中に
非凡な才能を持った5歳の自閉症児の記録として。


2歳になる頃には、旧約聖書の詩篇23章を 丸暗記していて、長老派の競技問答 25の全ての問と答えを 一言一句たがわずに 暗唱することができたのだった。アルファベットを逆に言うのが大好きで、絶対音感も持っていた。

母親になつこうとせず、誰がそばにいても まったく気づかない。しょっちゅうカンシャクをおこし、名前を呼ばれても反応しない。
回転するものを うっとりと眺めている。
37の童謡を歌うようになった。
18の交響曲を聞き分けるようになった。

両親が非常に知的であるという事実を、どう評価するかは、容易ではない。

************************
浅野・・・5歳の子どもが、これだけのことを記憶し、話すには、それ相応の 聴覚野からの入力があったはずです。
いかに赤ちゃんが天才でも、一度聞いただけで記憶することは無いでしょう。
37の童謡、18の交響曲のレコードが すり切れるほど聞いていたのではないでしょうか?
昨日のブログの子供たちのように・・・・

その時代に、そういった機械を買うことができたのは、高学歴家庭で裕福な家庭だけだったことでしょう。

この頃から、自閉症が報告され始めました。私には、自閉症の子どもは、高学歴家庭が多かった! と、どこかに書かれていた記憶があります。

童謡や、長老の競技問答が、幼児の聴覚野に 何度も届き、記憶され それが神経線維を通って前頭葉のブローカー野に届き、
隣接する運動野・ノド・舌・口・あご・などへ連絡がいき、子供は話すことができました。
*****************

子どもたちは 「治して  僕の脳を治して・・・」
   と叫んでいます。

自閉症を生きることは とっても苦しいことなのでしょう。

東田直樹くんは、杉山氏から「脳を調べさせて欲しい」と依頼された時に、「それが自閉症の治療に役に立つのですか?」と聞いています。
「すぐには、治療とむすびつきませんが。10年後20年後には役に立つかもしれません」と聞いて、「それなら受けましょう」と、答えています。

結果は、言語野のウェルニッケ野とブローカー野を結ぶ弓状束と言う神経線維がとても弱かったことが分かりました。
それはテンプルの脳でも同じ結果が出ていると私は思いました。

それは先天的なことの結果なのか?生まれたあとの育ちによるものなのでしょうか?

言葉が遅い・発達障害ではないかと心配しているお母さんへ

1才から3才までで、言葉の発達が遅い バイバイができない、多動である、目が合わない、等と心配しているお母さんへ、
心配でしたら、機械音を除いて様子を みてください、。

子供の環境を静かにして、ゆっくりと簡単な言葉で、話しかけてください!

子どもが 今、していること、子どもが見ていることを、ゆっくりと 話しかけてください。


しばらくすると、お母さんの言葉の模倣を始めるでしょう。
お母さんのしていることの 模倣も始めるでしょう。

子どもたちが、言葉を学習するためには、聴覚野へ 雑音が入らないで、お母さんの声だけが入ったほうが、よく記憶していきます。

乳幼児は、雑音を除いて脳へ人の声だけを、伝える機能が まだ充分に働きません。
その働きは 大脳皮質の下にある 脳幹の機能です。

そういう機能が、大人になっても働かないことを、カクテルパーティー現象と言います。

一般的には、一生懸命に聞こうとすると、視覚野の活動が抑えられるのですが、自閉症の人は、一生懸命に聞いている時でも、視覚野が活動していると言う報告があります。

子供とコミュニケーションがしたいと望む時は、お母さんとのコミュニケーションの中で、言葉を教えなければなりません。

機械音をなくして 静かな環境にすると、脳が元気にんって、激しい多動も、偏食も 少しずつ改善すしていくでしょう。
横目で見ながら走るような、目の異状も徐々に改善されます。
、目の筋肉のコントロールも 脳幹んの機能だからです。

脳が 元気になれば、いろいろな症状が、自然に改善されます。

メールや電話で カウンセリングしています。相談だけでもどうぞ、悩んでいるお母さんのお役にたちたいと願っています。

心配ならば、すぐに実行してみてください。
早期の療育が大事です!脳には感受性期があります。
3ヶ月で、子供の困った症状に かなりの変化があるでしょう!!!

片岡直樹大学教授で医師も 岡山で そうしたカウンセリングを行っていらっしゃいます。
先生のホームページもご覧ください。

成長した自閉症児のお母さんのブログから

以下は***ひとりごとー障害のある子の親として***ー、と言うブログの中の文章です。
私は、自閉症の方や、ご両親の書かれた本や文章を多く読んできました。
そうして多くの方の文に、下記のように「機械音が多かった環境」が察しられました

しかし、ともに、おふたりの子供たちは、それなりに自分の人生を豊かに過ごしていらっしゃると思います。

*********************
 乳幼児期のクラシック音楽への「こだわり」が、長じて「市民第9を歌う会」への参加へとつながり、毎年10年以上も舞台で歌い続けていること。
 台どころの調理器具や料理へのこだわりが、手作りのお菓子・クッキー作りへとつながり、現在まで自宅で自分の工房を開き、予約制でクッキーを販売していること。(こだわりが趣味→仕事へと発展していったこと)

 幼少期に聞いた童話のカセットの響きを 毎日のように聞いていたこだわりから、今では地域の行事などでも紙芝居を読む活動にも発展していっていること。

 毎日、同じ曜日・時間に父親とバスに乗って デパート巡りをするなかで 人との関係や、がまんすることなどを学び それが、自分ひとりで挨拶したり 行動することができる 原点になっていったこと。

 30歳以降になってから、内面の豊かな世界を「言葉」で表現できるようになっていったこと。これまでの親の関わりや声掛けをしっかり記憶していて、昔感じた思い(親にしてもらってよかったことや周りの人たちから言われて嫌だったことなど)を成人してからいろいろなことを話してくれるようになったこと。そのころから内言語の表出がどんどんとびだし、今では日常会話には困らないくらいになっているとのこと

*************************
  乳幼児期か ら思春期といわれる年齢までに、自閉症児自身が 興味の世界でたくさんの 完全燃焼できる体験をもつことが 思春期を乗りきるエネルギーになること、そしてそれが生き生きとした表情に つながる鍵になると 私はいつも考えております。
 例えばHは零歳からクラシック音楽のレコードを毎日聞くことが大好きでした。私どもは四歳からそれまで以上に意識して大切にしました。
レコードを買うことはHの医療費と位置付けて、生活費を切りつめても最優先にしてきました。Hが十三歳の時点で既に504曲聞いていました。

Hが二十歳になる頃には音楽のジャンルも驚くほど広がり曲数も増えていますが肝心なレコードは どれも聞きすぎてすりきれ、かけられない状態になっていました。それほど、聞き尽くしたのです。

 3?歳の現在では 年齢や障害をこえて同じ指揮者や演奏を好む 一人の音楽愛好者としての交流があります。その方々が好きな新しい音楽を Hも大好きになるというかかわりに発展したくらしが できるまでになっています。
*************************

もしも、乳児期に、長い時間 耳から脳に届いた機械音が無ければ、普通に生きられたかも知れない。と聞かれたら、ご両親はどう思われるでしょうか?

「そんなこと在るはずがない!専門家が誰も、生まれつきの遺伝子による障がい、といっているのだから・・・」と、激怒されるでしょうか?

でも私がカウンセリングした、多くの子どもたちが、自閉症,「と診断されながら 2-3歳から、機械音を除いて、脳を元気にすることによって、多動やこだわりが改善し、言葉が増えて行きました!!!
岩佐京子女子には40年以上のカウンセリング経験があります。
片岡直樹医師も現在カウンセリングをしていらっしゃいます。

静かな環境の中の方が、乳幼児は言葉を よく聞き取ることができます。
自閉症と脳のこと、質問がありましやら、どうぞ コメントでも電話でも

コミュニケーション能力の発達・乳幼児期

コミュニケーション能力に遅れがある子どもが激増しているとしたら、
生まれたばかりの乳幼児が、どのようにしてコミュニケーションを学習するのか? を調べるべきではないでしょうか?

コミュニケーションには、非言語のコミュんケーションと
                言語コミュニケーションがあります。


人は、言語のコミュニケーションを得るまでは非言語のコミュニケーションのみでした。
言語が発達して、徐々に、左脳が言語野として使われるようになりました。

乳児は言語コミュニケーションができるようになる前に、非言語のコミュニケーションを学習しているようです。

乳児は、五感{聴覚・視覚・触覚・味覚・臭覚}からの刺激を受けて、脳を発達させながら、成長していきます。

非言語の学習をしながら、その間にも乳児は、聞いた音を聴覚野に送っています。言葉は左脳に。音楽や生活音は右脳に、
そうして自分の発した言葉{なん語}を自分の耳で、聞きながら、あー、と聞いたときにその言葉とその時の喉やしたの動きを記憶していくのでしょう。

その積み重ねの繰り返しで、まま・まんま・ブーブ・・・などと、話し始めます。
りんごを見てりんごと話すようになるためには、
視覚野に映ったりんごと、聴覚野のりんごという言葉の間に、神経がつながっていて、そこから発語の脳のブローカー野につながって、そこから、隣接する、舌と喉・唇などの運動やに神経がつながって、「りんご」と言う発語になって、私たちは赤ちゃんの声を聞き取る事ができます。もちろん赤ちゃんは無意識のそういうことを学習する能力があるのです。


赤ちゃんの脳の中に、1年かかって、そんな神経の道がいっぱい つながって、やっと話し始めます。

そのためには、静かな環境の中で、家族が話しかける事が大事でしょう。

周りに雑音がいっぱいあったとしたら、雑音の中で赤ちゃんが、お母さんの声を聞き取ることは、とっても大変なことだと思思いませんか?

赤ちゃんが 言葉の学習をする時には、静かな環境が大事です。


スポンサーサイトについて


ちょっとクリックして見ただけなのに、スポンサーサイトが入ってしまいました。

直していただくつもりです。

自閉症スペクトラムと脳・予防する

乳幼児の脳は、すごい可塑性と代償機能があります。

だから、その分、乳幼児期の環境は、すごく大切です!
人間社会に適応する人間に育てるには、コミュニケーションがいっぱいある中で育てることが大事です


乳幼児の脳の凄さは、2歳以前ならば、病気などで、脳の半分、{多分、大脳皮質でしょう}を取り除いても、
その後の訓練でほぼ、普通に生きていけるほどまで回復すると言われています。

右脳には普通は言語野がないのですが、左脳がなくても、右脳が言語野の役割もしてしまうようです。
2歳を超えると不可能です。

脳には場所によって、違う感受性期が有り、その時期に適当な刺激を受けないと、後になってその機能を脳に育てようとしても、難しくなります。

たとえば、人の目の感受性機は6才頃で終わります。脳の視覚野が、最も感受性が高い2歳までに、1週間、眼帯をし続けると、その目は弱視となってしまいます。たったの1週間で・・・

それは目の機能が原因ではなく、目からの情報が、1週間の間、脳に届かなかったことによって、脳の成長がさまたげられ、目から届いた情報を脳が正確に処理できないからです。
脳って・・・本当に不思議です!!!

そんなにすごい脳ですから、脳のトラブルである、自閉症スペクトラムは、脳に良いことをすれば、予防や、性格の範囲内まで治療が出来ます!!!

早期療育ならば・・・性格の範囲内まで・・・

自閉症スペクトラムの、基本の障がいはコミュニケーション機能の障がいです。
コミュ二ケーション機能を子供たちはどのようにして身につけていくかを学び、、脳をかんがえれば、かなりの割合で、予防が出来るでしょう


それほど、2歳までの環境は人の赤ちゃんにとっては大切なのです!!!
次へ続く

アスペルガー症候群・感情のコントロール

テンプル・グランディンは、感情をコントロールしなければ社会で働くことはできない!と言っています。
感情の種類を変えること・・怒りを、失望に、そして泣くことに・・・と、

スティーブ・ジョブ氏は、失望すると泣く、という記事を読んだ。と、
テンプルも、腹がたつと泣きます!見つからない場所を探して、隠れて泣きます!
怒りを人に見せてはいけないと、承知しているからです。
だから、仕事が続けられていると・・・

人と仲良くするためには、喧嘩をしないだけではなく、人を喜ばせることも大事です。

就職するための アドバイス
   言い訳をしない
   人と仲良くする
   感情をコントロールする
   マナーに気をつける
   時間を守る


テンプルは、両親と療育関係者に、子どもをもっと社会に出す必要があると、忠告している。子供は体験しないことは関心を持たないのだから、いろいろな事に関心を持って、職業に、手に職をもつことにのキッカケになるように・・・大学を出ても、手に職をつけていない人をしょっちゅうみかけると・・・

テンプルのお母さんは厳しく、テンプルをからかった子と喧嘩をした時には2週間大好きな乗馬を禁止され、それからは、喧嘩をしていない!という。

子供の時にも、自閉症の症状を出していいのは、食後の1時間だけ、と言われていたようです。
テンプルの幼児期は、まだ療育がなかった時でしたが、お母さんは精神科医にみせ、そこで言語療法を受け、家では、子守を雇って妹と一緒に遊ばせました。

テンプルは、50代になるまで、目がモノを言う事がわかりませんでした。
人の顔を覚えることが苦手で、帽子や身につけているもので判断しようとしていました。
それでも、事業家として、大学教授として活躍し、たくさんの著書を出版し、講演活動もしています。
アスペルガーの症状の克服の仕方は、とっても役に立つでしょう!!!

テンプルの本は、アスペルガー症候群の子どもを育てている両親、今アスペルガーを生きている人にはとっても役にたつと思います。他の著書も、人生を生き生きと生きるために、是非参考にしてください。

アスペルガー症候群の子供とお母さんへ

「自閉症の脳を読み解く」は、全体は、脳に興味がないと、とてもむつかしい本です。
脳に関する専門語がいっぱい出てきます。

だけれど最後・8章の、活躍の場を切り開く、・・・はとっても、素晴らしく、役に立つので多くの方に読んで欲しいと思います。
それはテンプルが人生を生きてきて、感じた、宝石のような言葉です。
、脳には代償機能があって、育たなかった脳の代償として、伸びているところがあります。

今までは、欠点ばかりが強調されてきましたが、もっと、自閉症の脳の強みを生かして、得意なところを伸ばして、働いて生きていけるように
親も、療育者も、指導をするべきです。と、

そうして、社会で生きていくために、怒りをコントロールすることや、人と仲良くすること、マナーを身につけること を学習しなければならないこと、指導者を活用する、仕事を売り込む、などが書かれています。
あまりに弱点が重視されたために強みが見逃されている!と、
強みを見つけなさい!!!!

自閉症の脳を活かす仕事を見つけなさい。ドアが、開くまで諦めないで、・・・と
「叩いて、叩いて、開くまで叩いて!、

自閉症の脳を読み解く・を読んで

つい夢中になりすぎて、なかなか書けません!!!

とってもスバラシイ本です!!!

世界のたくさんの論文から、役に立つ論文を探して、自分の経験をとてらしあわせて書かれています。

そして最後には、自閉症の脳を生かして、仕事をして生きていくために、何を身につけたら良いか?が書かれています!!!
そこが素晴らしい!!!と思います。


今、アスペルガー症候群を生きている方も、アスペルガー症候群の子供をそだてている方も、教師も・

みんなに読んで欲しいと思います。

管理画面になかなか入れなくて、時間をとってしまいました続きはまた明日に・・・

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示