FC2ブログ
   
10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

言葉の遅れ、様子をみましょう?

いまだに、そんな言葉が、療育の機関で言われているのをお聞きして本当に腹が立ちます。
という私も、1ヶ月も、ブログを休んでしまいました。
でも、自閉症の研究に一生懸命でした。

最近始めたカウンセリングに、一生懸命でした。2才、2才6ヶ月、3さい6ヶ月、の年齢が違う子供たちですが、症状が似ています。
時々混戦してしまいます。初めの3ヶ月がとっても大事です。その間にお母さんは、立派な療育者になってもらえるように指導します。

そして論文もどき・・・を何度も読んで完成したいと頑張っていました。
自分に、学歴、地位がないことが悔やまれます。
自閉症のことなら、」誰にも負けないくらいに勉強してきましたが・・・

乳幼児の柔らかい脳には、毎日、長い時間、たくさんの音刺激が、脳に届くことは大変に危険です。
その音刺激が使う栄養が、人として育つための脳の成長にトラブルを起こしたました。
だから、機械音を除いて、多い音刺激、というストレスを取り除いてあげると、症状が減っていきます。

そして、その時間をこどもと、コミュニケーションの時間に使ってください。
そんなに難しいことではありません。
療育関係者は、お母さんを待たせるときは、静かな環境を作って話しかけて、コミュニケーションをとるように指導すべきです。
なぜ、何も指導しないで「
様子をみましょう、と言ったり、診断までまたせるのでしょう。

テンプル・グランディン女史も、書いています。
何もしないことは一番いけません!と子供を救おうという、強い気持ちが大切です、と
「自閉症感覚」テンプル・グランディン著  是非1度読んでください。役に立つでしょう。

スポンサーサイト

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示