FC2ブログ
   
11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
20
21
22
23
25
26
28
30
   

長時間の機械音が乳幼児に良くない科学的根拠

お母さんから、療育の先生が「テレビを録画できるようになったことと、紙おむつが普及したことで、赤ちゃんとのコミュニケーションが減って、それが影響しているのでしょう。まだ科学的証明はありませんが、」と、言われたとお聞きしました。

機械音は、子どもの脳の栄養を使います。大人には何でもない音がいつも聞こえている、という事が乳幼児には赤ちゃんに悪い訳は・・・・赤ちゃんは刺激によって育っているだけではなく、まだ、人、としては未完成で、遺伝子の指示によって、人として育っていく、という事があるからです。

その時に、大量の音が脳に入ってくると、そのために栄養を使います。遺伝子の指示に従って隋鞘を作ることができない、という事が起きていると私は考えます。

だから、機械音を除く、と言うだけで、子どもたちは改善していくのです。
機械音が脳に入って使っていた栄養が、遺伝子の指示に使われて、定位発達の子の後を追って、育ち始めます。
その時には、特別な療育は必要ありません。普通のお母さんがすることを根気よく、頻繁に行うだけでもいいのです。

そういうと、自閉症の子を持つお母さんは、とても怒られます。
私は、一生懸命に育児をしてきました。自閉症の原因は遺伝子の問題だと、医師がいっているではありませんか?

遺伝子の問題で、こんなに急激に増加することはおかしいことです、自閉症の症例を始めて報告したレターが、医師など高学歴家庭が多い、と言っています。機械音が大きな原因の一つ、と考えると、「なるほど!」と思うことがいっぱいあります。

高学歴の家庭は、ビデオレコードなど、その当時には高価な電気製品を購入することができますから・

インターネットを上手に利用すれば、このことを広められるでしょうか???
お手伝いしていただける方はいらっしゃいませんでしょうか!!!

総合療法をしたお母さんは、どなたも、機械音を除くことの重大性を実感されています。

一億そう活躍社会、ならば、自閉症・不登校・引きこもる人たち、にも光を当ててほしいと願っています。
スポンサーサイト

「自閉症の子を持って」式部隆著 より・機械音について

自分の子どもが自閉症と診断されて、小学校へ入学するまでの間の事がいろいろ書かれています。
テレビの事も書かれています。そうして「この子を自立して生活できる子に育ててやらなければ・・・」と言う思いで、情報を集めて、情報を選択し、いろいろな努力も書かれています。

その中には機械音が該当していることも考えられます。
・・・2才にちかずいたころ、・・最初に発した言葉は、「ABC・・・」でした・・・喃語が消えたころから、文字・数字・記号などに強い関心をしめし始めた。特に英語・教育ビデオが大好きでテープが擦り切れるまで、繰り返し見ていた・・・と書かれています。
2才になる前に、ビデオデッキのやり方を習得していて・・・彼は、いつもテレビがついていないと機嫌が悪い・・・テレビを消すとパニック状態になる、とも、

しかし、著者は「高機能自閉症者の講演記録」を読みました。その中には「テレビの音声が、外界と自閉症者の内面世界を遮断している・・・どうやら、テレビの人声や音楽がバックグラウンドにある状態は、情報の絞り込み昨日の発達を阻害するらしい・・・・」
と書かれていました。

そうして、ちょうじょの「弟の病気を治した」と言う気持ちは非常に強く、と書かれていて、その後は家族で機械音を除かれたようです。

あとがきの中に、・・・深刻化する不登校や引きこもりの原因の多くが、軽度の発達障害にあるのではないかと、指摘する専門家は多い、とも書いています。

浅野・自閉症は、子どもたちの問題の多くのことに関係しています。何とかして、機械音を除くことで改善する子供たちが多い事を
お母さん方に伝えなければなりません。女性の力を総決起出来たならば、可能かもしれません!!!!!

どの子も、自立して普通に生きていくために・・・資源のない日本だから・・・ 

カウンセリングを開始!・お母さんのメールより

9月4日のメール

8月29日からテレビ無し生活を始めました。昼寝も取り入れました!

9月1日の朝までには表情も変わり少しだけ変化を感じていました。

9月1日は久々の幼稚園登園日で、バスに乗って登園しました。行きは1時間、帰りは10分バスに揺られています。
帰ってくると、表情がなくなり目が合わず、前に戻ったと感じました。かかわろうともしてきません。

9月2日、3日は、
療育センター 幼稚園とも休み、昼寝を含めて家でゆっくりさせました。

毎日昼寝を2時間から3時間しました。
トイレトレーニングを進めつつ、関わりを持って接してきました。栄養素が届いてからは飲むのを欠かしていません。

9月3日からはいままでにない要求や仕草が見られるようになりました^_^
⚪︎クレーンハンドでの要求が明らかに増えた。要求後はペコっと頭を下げる。

⚪︎トイレトレーニングで
いままでは漏れる直前
本人は出そうなのを察するけど私に教えたりできなかった。
しかし、3日は出る直前に目で合図してきた!
結果は漏らしてしまったが、
「あれ?おしっこのときはどうするんだっけ?」と聞いたら、「といれにいきたいです」のふだを私に持ってきた!
あ!これかなぁ?という表情でした^_^

⚪︎昼寝を1時間でもすれば、夜は11時くらいまで寝ず朝も5時代に起きていたが、
いまは2、3時間昼寝しても夜は10時までには寝付く。朝も7時過ぎまで寝ている。

⚪︎いままでは一日中ドアの開閉をしに行き、ドタンバタンと大きな音を出して喜んでいた。私が呼んでも絶対やめない。
3日もまだやっていたが、私が呼ぶとやめて寄ってくることが何回かあった。

⚪︎アイロンがけをしていると、キーピングを渡してくれる。かける位置を変えるたびに
自分から渡してくれる。

⚪︎母の髪の毛を触りじっと見る癖があります。
頻繁に触りに来ていましたが、ここ数日回数が減りました!
こんな感じです。

そして今日、9月4日は
朝、息子が見ていた本を兄が横からちょっかい出していましたら、いつもは引き下がり違う物で遊び始めていましたが、今朝は「ぼくがこのページを見ているんだ!」と言わんばかりに本に力を加え、「うーあー!うー!」と言って兄を威嚇していました!
びっくりしました!

兄を車で幼稚園へ送り、
車で40分かけて療育センターに行きました。
朝1時間ほど、予約していたSTをしました。
床にゴロゴロして過ごした時間もありましたが、
いままで誘導してもしなかったカップ積み木をひょいひょいと 何回もやってのけました!

また先生曰く、
「い」や「う」の口が自分の意思でできるようになっているのにはびっくりしました!と、言われました!
よく目が合ってますね!とも褒めてもらえました^_^

そのあと、集団保育の部屋へ移り 別の保育士さんと変わりました。
去年は大好きだったシャボン玉、今年に入ってから興味を示さず私の膝で泣いていました。
しかし、今日は自分から立ち上がって触りに行きました!
シャボン玉の時間はずっと触りに行っていました!

また、みんなの前で先生にタッチするときはいつも私の手を引いて行くのに、1人で行きました!
ここまでは機械音がありませんでした。

そのあと、カセットテープを流してお母さんと一緒に遊ぼうに入りました。その途端、ぐずり始めました。全く立ちもせず座り込んで泣いていました。
2、3分待ちましたが変わらないので退室しました。

機械音がなくなったのを見計らってまた部屋に戻りました。ぐずることはなかったのですが、癖の「母の髪の毛をじっと見ながら触る」をずっとやり、課題保育には見向きもしませんでした。

本当はまだ療育センターにいる時間なのですが機械音が多すぎて私も気になり、
給食食べてからすぐに帰宅しました。
先程から息子は昼寝タイムです^_^

週末、主人と幼稚園の通園については話し合うつもりです。
療育センターやST.OTについても、音の出るおもちゃを使ったり、キーボードを使ったりが頻繁にあります。
朝や昼の自由時間はずっと音楽が流れている状態です。
して昼にはDVDが誰も見てなくても流れます。

今日は息子の反応を見て考えさせられました。
療育センターについても考えてみるつもりです。
************************
11月24日のメール・お母さん

⚪︎先日の件について、
兄が「時計はどこ?」と言うと、Rは手を止めて周りをキョロキョロ。「時計はー?」と語尾をあげて兄が聞くと、Rは「んー!」と言いながら時計をちょんと触りに行きました。
兄は「じょーずー!」と言って褒めます。
さらに同じ要領で、テレビ、頭、鼻などをやり、Rは何をしていようとも手を止めて触りに行っていました。
新しいものもたまにやってくれます。Rがわからない時は手を取って教えています。

兄は、私がRを療育している風景をよく見ています。強化子をあげたりまではさせていませんが、私が家事をしている間などRと2人きりの時に自分から進んでやってくれます。

Rが最近兄の存在をかなり意識しているのがわかります。兄のやること、歌っている歌をまねしたりすることが多くなりましたし、マネ方も変わってきています。

⚪︎これまでに、湯船に浸かる前後「あがる、おねがい」「入る、おねがい」を必ず言わせるようにしてきました。
服を着る時に、「これはなぁに?」と聞きながら「パンツ」「ズボン」「シャツ」を目の前に出し、言わせています。口の形からみると毎回正解しています。

⚪︎この週末、私の実家に行ってきました。泊まりです。
笑い方、表情、目の合い方、悪いことをしようとする直前は、私や主人の顔色を伺いながら忍び足で行こうとするなど、さらに変わってきていると言ってくれました^_^
24時間、毎日Rといると感覚が麻痺してくる部分もあり、第三者からのいい評価は私にとってありがたいです。
また、R自身の主張がすごく譲らないことが増えてきました!
私も、連休中は気持ちに余裕を持って見れたのでよくわかりました!

⚪︎「いす、持ってきて^_^」と、食事前には必ずお願いしています。
食事が楽しみなRはちゃんと持ってきます!
このように、ことあるごとに指示を出しますが、最近は指示を理解し、その通りに動くことが増えていると感じています。

兄も食事が取れるまでに回復しました!幼稚園に行きました。
今日もがんばります^_^

*************************
浅野…はじめは、順調に伸びていくか?少し心配しましたが
伸び始めて、少し、安心しました。でも、
年令を考えて、時間を大切に家族で精一杯頑張ってくださっています。

読んでいただいてわかるように、まだ、幼稚園のお兄ちゃんが、お母さんをまねて、上手に療育をしているのが、とってもほほえましいですね!


自閉症と機械音の事

「壁の向こうへ」 ステブン・ジョアー著 より

母はクラシック音楽が好きだったし、また、自分の精神安定のために必要なこともあって、ラジオは常に地元のクラシック音楽のチャンネルに合わせてあった。

・・・今でも、私も母と同様、生活の中にクラシック音楽を必要としている。
スティーブンは1才をちょっと過ぎたころまでは、正常に発達していました。多動・不機嫌そう・自分の頭をぶつけはじめ・・・頭の中では、いつも、テレビのコマーシャルの声が聞こえていた・・・

***********************
「ありのままの子育て・自閉症の息子とともに」 明石洋子 著 より

* テレビをつけると知恵がつくのかな・・・・と、おかあさんといっしょやピンポンパンの番組も見せました。その間に家事がはかどり、、終わったら、すぐ散歩や外遊びに行けるので、テレビが好きなのは助かりました。

* ・・・1歳半ごろ・・・テレビのカリキュラマシーンと言う番組を食い入るように見つめ、私の呼びかけに答えてくれなくなりました。・・・

* それから、独り言で「あもものと・味の素」 「ロッテ」 「シャープ」 「セイコー」 「日立」 「東芝」 など、テレビのCMで覚えた企業の名前を繰り返して言っていました。

* そして、テレビを見ながら、数字が入っている歌をひとり言のように歌いだしました。3才過ぎるころには123-10まで数字ははっきりと、次に、あいうえおの50音やABCのアルフャベットやいくつかの漢字を発音していました。・・・・・それなのに…視線が合わない・名前を呼んでも振り向かない、私の言葉かけにも答えてくれません。

また、テレビのおかげ(!)で、子供番組の数字に関する歌を、次々覚えて・・・・・・・歌えるようになりました。
***************
浅野 ・・・ 機械音が自閉症の発症に、関係していると考えたら・・・該当しますね。

性格の範囲内まで治る自閉症もあります。

・・・広汎性発達障害は脳の機能的な障害であるため、我が国の伝統的な子育てによって予防、防止できるものでも病気のように治癒するものでもありません。・・・と、自閉症協会が反発しました。

かって、小児科学会がテレビの時間について提言した時に、小児神経科学会は、「ことばの遅れや自閉症が、テレビやビデオ視聞のせいだとする、十分な科学的根拠は無い」と発表しました。

でも、おかしくありませんか???

学者・研究者は、例え一人でもこういう方法で治った!と聞いた時は、実際に治ったのか?治ったのならばどうした原理で治ったのか?それを研究するのが医師や学者の仕事ではありませんか???

科学的に証明されていない!と、いつまで言い続けているんですか?
無視・・し続けていていいのですか?

治るはずの子どもの可能性をつぶしていいのでしょうか???

自閉症ではないかと心配しているお母さんが、言われました。

この子のために、どんな事でもしてやりたいと思う!
機械音を除いて治る可能性があるのならば、それを選択する親は多いだろう。
その選択肢をつぶす権利は無い!!!

実際は、生まれつきの脳の障害、と言う事も科学的には証明されていません。
何も分かっていません。だから、予防も治療も出来ないのです。

多くのブログを読ませていただいて、機械音の影響は、かなり多くのブログで見受けられました。
早期療育の影響も、ブログに見受けられました。


昔はテレビもビデオもCDもありませんでした。
昔の子育てで、広汎性発達障害を予防しましょう!と言う事は、
何としてもこれ以上、広汎性発達障害を増やしては、日本の将来が危ない!!
と、気がついた人たちの苦肉な策のように思います。

私が望む事は、子どもが幸せで、お母さんが幸せで、幸せな家庭があり、どの子も普通に育っていく事です。
発達障害だから、幸せで無いのではありませんが、多くの子どもは生きる苦労、自立するために苦労をしています。
一人でも多くのお母さんのお手伝いをして、その事が日本中に広がりますように!!!祈っています。

たあくんママのブログを読んで、実行されたお母さんがありました。1週間で改善の兆しがあり、嬉しくて涙されました。

治る自閉症が含まれているのに、「自閉症はうまれつきの脳の障害で治らない」と言われています。
こんな事が、いつまで続くのでしょうか?

お母さん、あなたの力を貸してください。

体験記録 2 を作成中・総合療法に自信を持ちました

毎日体験記録を印刷するために直しています。
少しでも早く完成させたい、
子ども達は毎日成長しています。

乳幼児期には静けさがとっても大事です。
乳幼児期には遺伝子の指示に従って、脳がどんどん成長しています。
8ヵ月で、生まれた時の倍の重さになります

その時に、外からの多くの刺激は、脳の成長のバランスをゆがめるでしょう。

こんなブログを読みました。

生まれた赤ちゃんを、優秀な子にしたい!と考えたお父さんは、
この赤ちゃんに、多くの刺激を与えました。

その赤ちゃんが4カ月になったころ、お父さんは思いました。
「この子は障害児かもしれない」・・・・と

ブログは続けられ、その子は自閉症と診断されたと、書き込まれました。

早く、専門家が、機械音と乳幼児の脳を研究してほしいと願っています。

もしも、
今、子どもの発達に心配なお母さんがここにいらしたら、機械音が該当していたら、すぐに静かな環境を
あなたの赤ちゃんに作ってあげてください。もし、ご希望ならば、ご連絡ください。
アドバイスします。

大量の機械音は、赤ちゃんの脳の栄養を消費します。

自閉症が、発表されたのは、レコード、ラジオ・テレビ・ビデオ・などが、発明された頃からです。

大量の機械音は、赤ちゃんの脳の栄養を大量に使います。
だから、赤ちゃんが遺伝子の指示によって、成長させなくてはならない脳幹の感受性期に
大事な部分の栄養欠損が起きると考えています。

栄養欠損だから、大量の刺激を減らせば、すぐに栄養が必要なところに補充されて、症状が回復します。

さー!悩んでいるお母さん、すぐに実行して、その効果を実感してください。

最近は、おばあちゃんがインターネットで探して、お嫁さんに教えられたこともあります。

≪そんなことで治るはずがない、遺伝だと医者が言っている」と、軽蔑されたことが何度もありますが・・・・

体験記録 2 を作成中です

昨年の6月にまとめた、カウンセリングの記録を、打ち直しました。
今年、パソコンが壊れて、記録が無くなってしまいました。
でも、打ち直して、すごく勉強になりました。

今まではカウンセリングに夢中でした。しかし、これからは、この療法を広げる事を、命を懸けていこうと思います
何かに夢中になるとバランスよくこなすことができません。

そのためにブログが、お休みになってしまいました。

今後、私の気持ちと行動を記録していこうと思います。

体験記録を打ちながら、この療法に自信を持ちました。

大量の機械音が、赤ちゃんの脳が、人間として順調に育つことを妨げます。

生まれたすぐの赤ちゃんは、まだ、遺伝子の指示に従って成長しています。

刺激によって脳が育つのは、もっと後です。
3才までは、慎重に、育児を楽しんでいきましょう。

言葉が遅い!と心配なお母さんは、まず子供に静けさを、与えましょう。
静かな中で子どもに言葉をかけましょう。

すぐに変化が現れます。

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア