FC2ブログ
   
10
:
1
2
3
5
7
8
10
12
13
14
15
16
17
18
20
21
25
26
27
29
30
31
   

総合療法。2年後 NKくん

文字色H28年10月から総合療法開始のお母さんから
***********

ブログ毎回楽しみに、励みにさせていただいております。
最初にお電話させていただいた日から2年が経過しました。
本当にお世話になりました。
感謝でいっぱいです。

アドバイスいただいて、言葉をぶつぶつ繰り返すのは少し減った気がします。

ここ1カ月でまた少し成長したように思えます。

・ドリルが大好きでひらがなのドリルや知恵のドリル(迷路・まちがえさがし)などを1日ですぐに1冊終えてしまう。
 説明すれば歳相応のドリルがほとんど出来る。
・絵描き歌の本が好きで、絵を模倣することが上手になる。
・ひらがなを半分以上書けるようになる。
・「NKちゃん、小学生になれちゃうんじゃない?年中さんなのにそんなことできないよね!」と言われることを喜び
 自分からお手伝いをする。
 「NKちゃんひとりで洗いものできる!」「ひとりで洗濯干せる!」と言って楽しそう。
・料理をいつも一緒に手伝っていたので(見ているだけのころから)メニュ-を言うと必要な食材をすべて冷蔵庫から選び出して並べる。
・「だって、○○だもん」と説明のようなことが言える。
・指を使い5までの足し算ができる。
 「りすさんが2個りんごを持ってきました。たぬきさんは3個持ってきました。りんごは何個でしょう」
 など私が口頭で問題を出して答える感じです。幼稚園の送迎が長いので運転中に口頭のみですが「もっと足し算する!」と楽しいようです。
(指を折って数えるのではなく指を立てたまま両手を合わせて数えるので、教えなおそうか迷っていますが混乱も
 しそうなのでとりあえずそのままにしていますが、良いでしょうか?)
・いつもパンツに軽く染みるくらいの尿漏れがあったがなくなる。
・鼻水が気になると自分でティッシュを取りに行き、鼻をかむ。
・ひとりで靴をはき、隣の家(戸建)に回覧板をポストに入れ、戻ってこれる。
・はさみで円や角が上手に切れて先生にも褒められている。
・とってもゆっくりのスピ-ドですが、姉とアルプス一万尺などの手遊びを模倣しながらやっている。
・洗い物に関し、危ないのでプラスチックだけ洗ってというと「これはガラス、これはプラスチック・・・」と分別できる。
などなど・・・

2年前、幸運にも浅野先生の本を取り寄せ、その日にすぐ泣きながら連絡をした日は、年少で入るつもりの幼稚園を相談の段階で子供の様子を見た園長先生に断られた日でした。近い将来にすら絶望していました。
元々が重度でしたので、簡単にという訳にはいきませんが、なんとか育児を少し楽しめるようになっています。

当時は息子の睡眠障害で、私に育児を楽しむ余裕はありませんでした。
毎日夜がくるのが怖くて辛い日々でした。
先生の著書(みどりの冊子)の中でよく「運動会も目立たずちゃんとこなしていました」という方がおられましたが、当時は自分にはそんな日はこないだろうと、夢のように思っていました。しかし先日の運動会では、終始他の子と同様にお遊戯をしていました。
隣に補助の先生がいてくれましたが、手を借りることなく、先生が離れた場面もきちんと踊っていました。
輪を離れたり、騒いだり、座ってしまったりも一切なかったので、他のお母さんも「NKちゃん、みんなと同じに出来てますよね。お母さんの気にしすぎでは?」と言ってくださり、とても嬉しかったです。

多動で公園に連れて行っても、私は靴ひもを結びなおすことすらままならず、息子をベビ-カ-に縛り付けてから泣きながら靴ひもを結んでいたことを思い出し、ひとりできちんとお遊戯をこなす姿に涙が止まりませんでした。
緑の冊子のおかあさんたちに少しずつ近づけている気がしています。
本当に感謝しています。

課題
・幼稚園の園の先生とは良い関係でも、子供同士の関わりがまだ難しく、積極的に子供と関わりを持とうとする様子がない。
・興奮すると意味不明なことを言ったり、寝そべったりする。
・私が家に帰ろうというと「誰の家?」と言ったり「(遊び)しよう」と言うと「(遊び)ってなんのこと?」など、わかっていることを
 相変わらず質問してくるので苛立ちから「わかってること聞かないで!」と私が強く怒ってしまうことがある。少し前の「○○するとどうなる?」
 は言わなくなったので、いつかなくなるといいなと思いますが・・・
・「上手だねって言って」「小学生みたいって言って」など、言ってほしいことを自分で先に言うことが多い。

課題についてのアドバイスをいただけると幸いです。
***********
浅野・・・「心配しすぎでない?」と言われてよかったですね。
知的な面の心配なくなりました。

でも、アスペルガー的なところが残っています。
あとは社会性ですね。脳の根本的なこともありますが、徐々に改善していくでしょう。
神経質になるのではなく、性格の一つとして、将来生きやすいように気を配ってあげてくださいね。
本当によく頑張りました!!!!!
スポンサーサイト

総合療法11か月のお母さんより.「おしゃべりになりました」

総合療法を始めてもうすぐ11ヶ月が経とうとしています。月日がたつのはほんとうに早いですね
最近の息子の様子です。

・食事
偏食は殆どなくなりました。生のトマトや焼き魚、肉、オクラ、一時期食べなくなった果物もなんでも食べられるようになりました…!
りんごや桃よりも柿が好きみたいで、・・・
まだ肉などは小さく刻まなければ食べられませんが、これはあんまり噛んでいないせいかと思います(^_^;)
とにかくなんでもたべてくれることがすごくすごく嬉しいです!

・睡眠
イチョウ葉を始めてからはかなり寝付きが良くなりました!
以前は、寝なさすぎて息子に怒ってしまうことが毎日のようにありました。
寝起きも、毎日1時間ほどぐずったり泣いたりがあったのですが
最近は起きてすぐもぐずることなくご機嫌で、イチョウ葉を教えて頂いてほんとによかったと思いました!

・会話
ここ数日の思い出せるものをあげると

1、物干し竿を部屋に設置した日の会話
息子「グレイの棒はなんだ?」
私「あれは物干しだよ」
息子「物干しってなんだ?」
私「あのグレイの棒だよー、物を干すから物干しなんだよー(笑)」
息子、よく分からなそう顔
私「むずかしいねー」
息子「むずかしいねぇ」

2、食後のグミがほしい時
息子「みかんグミ食べたいの?」
私「いいよー、みかんグミ食べたいんだねー」
グミを一個あげたあと
息子「いちごも?」
私「イチゴもー?」
息子「いちごはさっき食べたでしょー」
と私がいつも言うセリフを自分で言ってしまう。
私「そうだよー(笑)、いちごはさっき、朝ごはんの後に、食べたねー」
息子「小さいラムネ?」
私「いいよー」
息子「一個な」また私のセリフを

3、お菓子のちらしを一緒に見ているとき絵を指さして
息子「なに書いてあるだ?」
私「苺と、ももと、りんごがかいてあるねー」
息子「あとは何書いてるだ?」
私「あとは何書いてあるかなー。あ、ぶどうと、ブルーベリーがあるね」
私「あ!」パイナップルを指さして、息子と目が合うのと発語を待つ。
息子「なんだ?」
私「なんだと思う?」
息子、はにかみながら「パイナップルだねー、ゴツゴツかたいだねー」
私「あーほんとだ、パイナップルだねー!そうだねー、ゴツゴツかたいもんねー。これ全部くだものなんだよー」
息子嬉しそうに「これぜんぶくだものなんだよー」

4、オーム返し
私「お茶飲みたい?」
息子「お茶のみたい?」
私「飲みたい、だねー」
息子「飲みたいだねー」
私「飲みたーい」
息子楽しそうに「のみたーい!…のみたいってなんだ?」
(^_^;)

5、一緒に住んでいる叔父が外から帰ってきて
叔父「Sちゃんただいまー」
私「おかえりー」
息子「だれだ?」
私「だれ、帰ってきたー?」
息子「Kちゃんだねぇ」
私「そうだねー」
息子「Kちゃんはだれだ?」
私「Kちゃんは何かなー?Kちゃんは男の子、Sちゃんも男の子だねー」
息子考えてる顔。

などです。なんだか分かりづらくてすみません(^_^;)
モーリスプログラムを読んで、「蒸し暑いって知ってる?暑くてべたべたしてるってことだよ」と暑かった日に、そのまま引用して教えてみました。言葉の響きが面白かったのか度々「蒸し暑いってなんだ?」と唐突に聞いてきたりします(笑)

・気になっていること
私のセリフを私が言う前に自分で言ってしまう。
尻上がりのイントネーションでお茶など飲みたいのかそうでないのかよく分からない。
息子から質問してくることはかなり頻繁ですがオーム返しも多いこと、などが気になっています。
すでに知っている物や事をなんども何度も聞いてきます。
あまりになんども何度も聞いてくるので例3の会話のように「なんだと思う?」と聞き返すとはにかみながら答えてはくれます
例5の様な頓珍漢な質問もあります。
月齢的に物のカテゴリーを分類を始める時期だと語りかけ育児の本に書いてあったので
○○はくだもの、○○は野菜、○は男の子、○は生き物など、そういった事が知りたくて聞いているのかな?と思い、気づいた時に教えていますがもっと良い言葉かけがあれば教えて頂きたいです。

起きている間中ずっと喋っていて、ご飯の時も一人の時も喋り続けていて、私のほうがなんだか疲れてしまいますが
5ヶ月前は「だっ」とか「ぴー」など一音言うだけで精一杯だったことを思うとすごい成長ですよね…!

私の質問や声掛けには反応してくれますが、一緒に暮らす叔父や祖父の質問には無視していることが多いです。
あいさつはほとんど無視で「Sちゃん、爺おはよーだって、おはよー」と身体に触れながら言うとたまに返す程度です(*_*;
このようなことも経過を経て反応出来るようになってくるでしょうか…?

多御文も出ていますが要求語「ちょうだい」「あけて」などは促さないと言わないことも気になっています。「食べたいの」「見たかった」「開かない」「取れない」などのアピールはあるので気にしなくても問題ないでしょうか?


近況は以上です。文章にまとまりがなくすみません、お気づきのことありましたら教えて頂けると幸いです。
************ 

浅野 幸恵
1歳7か月の時、11か月前には、まだ喃語だったのですね!
記録を見るとどんどんかわいくなっていく様子が書かれています。
子どもがかわいくなって育児が本当に楽しいことなのに!!!
育てにくさに苦しんでいるお母さんが、たくさんいらっしゃることを悲しく思います。
少しでも早くに伝えなければ・・・
よろしければブログに載せさせていただいてよろしいですか?
会話がとても面白いですね!

心配していらっしゃることは、すべて経過なので心配はいりません。お母さんの知恵と学んだことで、うまく対処ができています。
****************
お母さんより
そうなのです!1歳7ヶ月当初は理解言語もなく、発声も乏しくて,
耳が聞こえない子供に話しかけているようだと思うことも多々ありましたが今ではとってもお喋りです!

家族の中で今息子はとても面白い存在です(笑)
ほんとうにいつも助けてくれる家族と浅野先生のお陰です!

心配な点は経過とのこと、先生にそう言って頂けて安心しました(*^_^*)
ブログ掲載のこと、載せて頂いてかまいません。私のメールが誰かの励みになるのでしたらとても嬉しいです!


生後3か月のお母さんより、2

ブログに取り上げてくださってどうもありがとうございます。

追記です。

テレビの部屋でも、語りかけたり遊んだりは良くしていたけど、静かな部屋で語りかけたり遊んだりを増やした結果、赤ちゃんの反応が違います。

前は、話しかけても、眉間にシワを寄せていることが多かったのですが(想像ですが、私が何を言っているのか聞き取りづらくて、一生懸命聞こうとしていたのかもしれません・また昼寝が上手くできないことによる睡眠不足の影響も?)
今は話しかけると目をキラキラさせて、また笑うことが増えました。
自分の声が楽しいのか、発声練習の喃語も増えていると思います。

元々、音に敏感なところは新生児の時より感じてはいましたが、
生まれつき不機嫌な子なのではなく、機嫌を悪くさせてしまっていたのかもしれません。

また、おもちゃではなく私の手や顔を使って遊ばせることを増やしましたが、これも以前より楽しそうにしています。

それでは、何か気づきがあればまたご報告しますね(*^^*)
*****************
浅野・・ありがとうございました。
生まれてから、1.2か月に、機械音で赤ちゃんの脳がトラブルを起こしていたのです。それは、機械音をやめればすぐに改善するのです。
あまりに早くからのトラブルだから、生まれつき!と思われてしまうのでしょう!!!!!

でも、でも、機械音を、多すぎる音刺激が入ることをやめれば、すぐに改善します。

母子手帳に、「赤ちゃんには静けさが大事です!」   と書き込んでいただきけるように、運動をしましょう!
厚生労働省に働きかけませんか?

それを妨害する企業は、殺人者と同じ、だと思いませんか?

3か月の乳児・機械音を除いて!

皆さんに読んでいただきたいので、ここに載せさせていただきました
***********
3ヶ月の子を育てています

はじめまして。
うちの子は、月齢にしては睡眠時間のトータルがやや少なく(10-12時間ほど)、朝は機嫌よく笑顔や喃語が出るものの、昼寝が浅くて、最近は夕方黄昏泣きがひどかったです。

片岡直樹先生の書かれたホームページを読み、もしかして・・とテレビを消して今日で2日経ちました。

今まで、テレビのついた部屋で、抱っこして昼寝させていたのを、添い乳で静かな部屋で寝かせるようにしています
添い乳の昼寝を増やした効果もあるのかもあるかもしれませんが、
ここ2日間黄昏泣きがありません。笑顔が増え、夕方も笑っていて、喃語も前より3倍ほどよくしゃべるようになりました。声を出して笑うことも増えました。
今まで朝機嫌が良かったのは、静かな夜の後だったのもあるのかもしれませんね。

以上、実践結果として書かせていただきました。

・・・・・

私は、自身が愛着障害による発達障害風という状態(臨床心理士の見立てによる)です。自分の子には出来るだけ同じ苦労はさせたくないなと、
独身時代から発達障害については様々な知識を増やしていますが、テレビを消す、絶え間ない雑音が自閉症の誘発要因であるというのは初めて知りました。もっと広まるといいですね

*******************

浅野・コメントをありがとうございました。
私は生後2か月の子のお母さんから電話をいただいて相談に乗りました。すでに睡眠障害など、色々な症状がありました。
そのお母さんは育脳クラシックを聞かせていました。お母さんを傷つけないようにして「試しにクラシックをやめて静かな環境にしてください」とアドバイスしました。
すぐに症状が改善してよく笑うようになりました。1年後も順調に育っていると、電話がありまいました。

生後すぐの赤ちゃんにも、機械音が連続的に脳に入ってくることがいけないのです。そうした変化は、赤ちゃんをとても育てにくくします。笑わない・寝つきにくい・喃語も話さない・反応がすくない・・・

こんなに大事なことが、研究もしないで長い期間無視されているのです!!!
若いお母さん!怒ってください!一人でも多く伝えてくださいね!
その後の経過を教えていただけると嬉しいです。
私の本を読んでくださいましたか?

     あい子ども相談  浅野

メールのご返事が遅れてごめんなさい

パソコンの調子が悪くて、メールが開けませんでした。
今日はメールが開けたら、文章が出ません今日中に直しますので、お待ちください。すいません。

   あい子ども相談   浅野

杉山登志郎医師の本に疑問?

杉山先生のお名前は、早くから知っていました。小児科医・精神科医、として活躍されました。私も先生の本を多く読みました。
杉山先生は、先の本の中には、「いまや、子どもの1割が発達障害だといわれています。実はもっと多い、という説もあります」と繰り返し書いてあります。・・・

これほど増加した責任は、専門家の先生方にあるのではないか?私は思います。
これほど、子どもたちが苦しんでいる原因の一つには、専門家が病気の原因を発見し、予防法や治療法を示してくれないからです。

子供の1割が発病する病気が他にあるでしょうか?
しかも、それによって、子供は一生影響を受けるのです。
虐待は、もう2世代にわたる発達障害の結果の可能性があります。
子どもを虐待する親も、発達障害の被害者だと思います。
虐待を受ける子供に、発達障害の育てにくさがあることもあるでしょう。
虐待をした親だけを責めるのではなく、根本の原因を調査して、今後そのようなことが起こらない日本にしてほしいのです。

自閉症スペクトラム(連続体)が減少すれば、虐待も、不登校も、引きこもる青年も、老人破産・孤独死・・・も減少するでしょう。

こんなに、経済的に豊かな日本で、苦しんでいる子供とお母さんが増えています。

杉山先生の本の中に、「発達の凸凹を持つ子が、昔よも、はるかに多いということがある…」と書いてあり、
「その理由は、これまで話してきたように社会状況の急激な変化や出産年齢の高齢化といった生物的な要因など複合的なものだ」と書いてありました。

これでは、これからお母さんになる人に不安を与えるだけです。

機械音が多かった乳幼児が、言葉の発達が遅いとき、多動やパニックなどで育てにくいとき、機械音を無くして、脳を休めれば、子供たちは定位発達の流れに戻っていくことができています。とても育てやすくなりお母さんが喜ばれます。

学者の本に、赤ちゃんには多すぎる刺激がよくない!あるいは、赤ちゃんには静けさが大事です。と書いた学者の本が多数あります。
それは、赤ちゃんは、生まれた後も、遺伝子のプログラムによって成長しているから、多すぎる刺激が入ると、シナプスの競合というシステムがあり、負けてしま宇都考えられます。

しかも、改善事例が、臨床例がたくさんあるのです。
なぜ調査しないのですか?無視を続けるのですか?

これほど、発達障害が増えていることに専門家として責任を感じられないのでしょうか?

杉山登志郎・「子育てで一番大切なこと・愛着形成と発達障害」を読んで

新聞に大きく広告が載って、すぐに取り寄せて読みました。
そしてがっかりしました。

やはりこの本でも、機械音は全く無視されていました。
10年間に1%ほど発達障害が増えたのではないか、ということを示唆する結果になっている。と書き、その原因を
  〇 一つは日本全体の晩婚化だ。
  〇 黒田洋一郎・神経科学者の研究、農薬の使用の多さが関係するという指摘を重要だと書いています。
  〇 電磁波の影響も気になる
  〇 第4の発達障害・・・虐待による愛着障害
以上を挙げていらっしゃいました。

そこには遺伝子が原因で、という言葉はなかったと思います。しかし、全体的に、とてもあいまいな書き方がしてあります。

環境因、で自閉症スペクトラムが起きる可能性が書いてありながら、そうとは言わない。
「日本の自閉症研究者たちは、・・・臨床の示す事実に対して鈍感というしかない…」と書きながら、杉山医師も、文中に機械音が該当した子が改善していることについて,、一言も書いていません。

自閉症研究者も、機械音が多かった乳幼児が、自閉症になっていること、に関して、まったく何も研究してくれないのです。
最近では、否定もせず、でも触れもしないのです!!!!

これでは、いつまで待っても、自閉症スペクトラムは減少することはないでしょう。
もう、学者も医師も、厚生労働省も、治し方を教えてはくれる、と期待はできないでしょう。

厚生労働省は、研究しているふりをしているだけです。研究費を出して、学者に研究させても、それを統合し、子供たちに役立てないのです。だから、子供たちの苦労、自閉症スペクトラム・注意欠陥多動性障害・学習障害・虐待・不登校・引きこもり・・・
は、増えるばかりです。
なぜ???
テレビが悪いというと電機業界が反対するのでしょうか?テレビの番組を作成する人たちへの配慮でしょうか?早期教育業界でしょうか?自閉症が減ると困る人たちへの配慮でしょうか?

こうした子供たちが増えることは、次の世代の社会的予算を増やしています。

いいえ、お金の問題ではありません。赤ちゃんが、一生自立して、幸せに生きていくことができるかどうかの、大きな大きな問題です!!!
こればかりは、あいまいに済ませられる問題ではありません。世の中に、おかしいことは五万とあるでしょう。でも、これだけは許せないのです。母親として女性として・・・
74才年間生きてきた女性として訴えます。

力と知恵を貸してください!

たった1か月の変化!.

機械音をなくして約1ヶ月になります。
最近の息子は 覚えることが前より早くなりました。 手でかにさんをやってみせるとすぐ真似をします。
鏡が大好きで今まで覚えた芸を鏡に向かってニコニコしながらやっている姿は可愛くて仕方がないです。
何か問いかけても反応が良いので家族も大変喜んでいます。 浅野先生お陰で希望が見えてきたねとはなしています。
ほんとにありがとうございます。
保健師さんにも2ヶ月前よりだいぶ成長したねとほめられました
栄養素は...................
横目はまだあまり、変化がありません。
横目をやっている時は止めさせないで好きなだけやらせた方がよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

2才8か月のお母さんからのメール!

育てにくい、自閉症スペクトラムが心配…そして機械音が該当していたら、
診断を待たないでハイリスク児、として対応しましょう!
早期からならば、早くに普通の育ちに入っていきます。
*************

///本当に順調に成長していると感じます。
遊具の順番待ちやオモチャの貸し借りもできるようになり、気に入らない時に「キー」と大絶叫して言ってたことが
「もー!〇〇したかったの!」と音量も抑えて言えるようになりました。
自分のオモチャはやはり独占したそうにはするのですが、無理矢理奪い取るみたいなことはなくなりました。
最近は来年度入園候補の幼稚園の説明会に参加する事が多いのですが、きちんと私の隣の席に座って最後までいてくれます。途中で飽きてはいますが,,siたりすることはありません。
ベビーカーなしでお出かけして5ヶ月になりますが、ずっと歩いてくれます。
言葉はペラペラと言っていいような気がします。語彙は1500くらいあるんじゃないかと感じる程です。
まだ私にしか分からない構語もありますが、他の方にも通じる言葉がほとんどになりました。
「ママ、ご飯作ってくれてありがとう」や「僕が邪魔したからおばあちゃん帰っちゃったの?」と言ったり、他のお子さんが泣いてる時に「大丈夫?なんで泣いてるの?」と心配そうに近づいて撫でたりします。

他の知らないお子さんに馴れ馴れしくし過ぎていたこともおさまり、離れた場所でにこやかに眺めて、声かけられたら近づいて遊びだしたりするようになりました。

気になることはトイレトレーニングで、まだ尿意を教えてくれないことです。
トイレに行けば必ず出るので、私が日中に6回くらい連れて行けば、漏れないのですが、連れて行かないと全てオムツの中でしてしまう感じです。

ここまでくるのに、不安な時も後退の時も沢山ありましたが、親の私たちが,[もう発達障害のことは心配ないよね]と言い合えるような状況までになりました。
先生のお陰です。
本当にありがとうございます。

栄養素の注文ですが、・・・

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示