fc2ブログ
   
12
:
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

重度自閉症になっていたかも!感謝!・2

浅野・以下は、10年以上前のカウンセリングです。

2才半で、自傷行為が強く、救急車で運ばれたこともありました。
その子も、数カ月で激しい多動と自傷行為が減少して、育てやすくなりました。
そして、言葉も発達して、普通に小学校に入学できました。
優しい子に育ちました。

社会性は、ミラーニューロンの発達と関係しています。だから、最初から、目を合わせることを大事にします。

ASDを遺伝子の異常、と言い切って、治し方を研究しない療育では、治りません。
2才半までの乳幼児の脳は、遺伝子のプログラムに導かれて成長します。
、環境との相互作用により、人間として、コミュニケーション能力を身につけます。

多すぎる刺激が入ると、遺伝子のプログラムは(栄養が足りなくて)、進行できません。(仮説)
赤ちゃんの耳に、テレビの音がいつも聞こえている事は、赤ちゃんには苦痛です。
赤ちゃんは、バックに雑音があると、お母さんの声を聞き取れません。
それで、言葉を覚えることができません。
言葉を覚えられないと、知的な発達が遅れて、知的障害になります。

聴覚に障害のある子は、早く気がつかないと、知的障害になります。脳には感受性期があるからです。

こうして、今、知的障がい児が増え続けています。
乳幼児期に、知的障害のなると治すことは出来ません。
言葉の遅れのある2-3才児は、言葉が発達させると、グングンと知能指数が上がります。

静かな環境にして、話しかけを多くします。
たったのそれだけです!!!

自閉症スペクウトラムの早期療育は、遊戯療法ではなく、言語訓練に取り組むべきです。
そして、その方法をお母さんにも教えます!

早くしないと、日本が沈没します!

      あい子ども相談  浅野
スポンサーサイト



Secret

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示