FC2ブログ
   
12
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最近、カウンセリングを始めたお母さんへ・2

お手伝いは理解言語を増やします。
テレビをつけなくなると、時間がいっぱいありますね。
お母さんはおんぶを活用すると、家事ができます。おんぶして、話しかけましょう。
「ママ,洗濯するよ」「そら、お菓子あげるよ、お口あいて」「おいしいでしょ」などと・・・ゆっくりと、はっきりと
おんぶはとても気持ちのいいスキンシップだと思います。気持ちよくて寝てしまうほどの・・・

睡眠障害のある子は寝付きにくいのですが、おんぶをすると早く寝付きます。寝付いたからと、下の置くと目が覚める事もありますが・・・音過敏が原因のこともありますが、次第に改善していきます。音過敏が2ヵ月くらいで改善した子があります。

「ドア開けて」 「これ、パパにどうぞして」などは言って出来ない時は手を持って教えてやらせます。そうして「よくできたね!」とほめます。しばらくしてもう一度言ってみます。繰り返していると出来るようになります。脳が元気になると早くに覚えるようになります。

オモチャを減らします。オモチャがないと、人と関わるようになります。時々入れ替えるといいでしょう。積み木はいつもあってもいいと思います。
ボール遊びは手と目と協応を育てます。はじめは、大きな柔らかいボールで、転がして遊びます。お父さんがいる時は、一人が子どもの手を持って、転がしたり受け取ったりします。次第に子どもだけで出来るようにしていきます。それで、目と手の協応が育ちます。言葉の遅れた子はそれも苦手です。
一人遊びをさせないように、かかわっていきます。だから、家事は少し手抜きしても、といいます。お惣菜を買ってきても・・・

最初は、脳を休め、栄養素をキチンととって、脳を元気にすることが大事です。同時に冊子を読んで勉強しましょう。経過はそれぞれ違いますが、お母さんの工夫を学びましょう。冊子はお母さん方の努力の結晶です。

ABAの環境教授法のやり方は、「自閉症を克服する」を読むと参考になります。袋の中におもちゃを入れて「これなあに?」と聞いていく事も書いてあります。
言葉を覚える時は、カードではなく、絵本や実物で行いましょう。ただし、2語文を増やすときは、公文の文カード1・2 
をつかいます。理解言語を増やすことで知能があがります。理解言語がふえると自然に発語は増えます。話させようと思い過ぎないようにしましょう。

子どもの小さな変化に気を付けていて、「こんなところが変わった」、と記録をつけてください。そうして小さな変化を喜びながら、楽しく頑張れるようにしていきましょう。

いつでもお電話をお待ちしています。


   あい子ども相談 浅野
スポンサーサイト
Secret

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示