FC2ブログ
   
12
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

1才7ヵ月からカウンセリングして

初めから,仮名でメールを頂いて有り難うございます。
1才7ヵ月からのカウンセリング、しかもテレビを止めて2ヵ月たっていました。

最近思うことは、1才代からのカウンセリングが多くなり、とても回復が早い!ということです。
お母さんに道筋を教えてあげれば、どんどんと良くなっていきます。 K君は、去年の8月にはちょーだいとどーぞ、ヲ頑張っていました!。

カウンセリング中のお母さん、参考にしてください。

*******************

いつもありがとうございます。
また、ブログも時間を見つけて読んでいます。Yくんのブログですが、本当にとてもとても励みになりました。
これからも頑張ろうと思います。
前回報告からのKの様子です。日記の抜粋より、失礼いたします。
1/12
皮をむいたミカンを半分にちぎり、「あおむし ・・たい(みたい)」と言う??
○○みたい、意識して話しかけてみようかな??
「とーちゃん ブップー(車) のっていった」「おしごと いった」と言う。
※三語文??かな??!
1/13
ミカン、昨日と同じ状況を作る。やはり「あおむし ・・たい(みたい)」と言った!
夜眠る時、「おかーさん つないでー」と手を繋ごうとお願いしてくる。
1/14
「落ちたよー」と言う??
※○○よ~《終助詞》の出現かな??
私の実家に遊びに行く。おばのYちゃんが「ただいま!」と帰ってくると「おかえり」と言える。
※今までは「ただいま」といつも返していました。現在まだ間違ったり、正しく言えたりですが、はじめてやりとりが出来てうれしかったです。
※「どうぞ」→「あいやとう(ありがとう)」のやりとりは8~9割は正しく言えるようになってきました。
1/15
ブランケットのイラストを指差して
「きいろい チョウチョ」「あかい チョウチョ」と言う。
公文の文カード以外で、色+名を言ったのは初めて!!
「また ぶどう たべたい」と言う。(昨日、私の実家で食べた)
1/16
私が「ティッシュ 一枚とって~」とお願いすると、一枚取って「ひとつ~」と言う。
続けてKが「二つ~」と言いながら、2枚目は?という目線を私に向ける。
「ひと~つでいいよー」と私が言うと2枚目を取るのをやめる。
とーちゃんが久々に平日、早くに仕事から帰ってくる。
とーちゃんが弟のTを抱っこしていると自分が抱っこをして欲しくて
「T かーしゃん(お母さん)だっこ」と言う。
わたしがTを抱くと、すぐにとーちゃんに抱っこしてもらい喜んでいる(笑)
※家族への愛着をとても感じます。
1/17
お皿に残ったお肉を見て「おにく あと いっこ(一個)」と言う。
最後の一個を食べ「おにく なくなった あらら~」と言う。
「プッコ(コップ) ふた~つ」と二個欲しいと言ってくる。
「ぎゅうにゅう(に)こおり いれる」と言い、氷を欲しがる。
1/18
今日はよくお話する。
「K おしたい(押したい)」※電子レンジのスタートボタン
「ぶどう たべたい」
「ハンドル したい」※車の運転席でハンドルを握り運転をする真似ごっこ《願望》「○○したい」や
「ブップー(車)のりたいよー」
「できないね~」「とれたよー」等の○○よー《終助詞》をよく使うようになる。
机の上の欲しい物に手が届かず「届かん(方言で、届かないの意味)」と言う。
物が取れたら「とどいた~」と言う。
《否定》「○○しない」や《過去》「○○した」も使い分けてるのかな?!
昼ご飯「きのこ いい におい する」と言う。
牛乳パックの草原にいる牛の写真イラストを見て「モーモー(牛) おさんぽ しよー(方言で、してるの意味)」と言う。
「K  ボール なげた」「K あくび した」等自分の名前を入れて話をしている。
換気扇の前でクレヨンをくわえる真似をして「とーちゃん たばこ みたい」と言い、煙草を吸う真似をしている。
(浅野 ・よく見て、記憶していますね!)
1/19
弟のT泣いている。「エンエンしてるよ!遊んであげて!」と私が声をかけると「どーしたの~?」と近寄って話かている!
質問文を自ら言ったのは初めて!口調からしても私の真似だろうが、ヘレンケラーの資料にも模倣から言葉を獲得していくと書いてあったし、私も意識して日常会話をしようと改めて思う。 かくれんぼ→「たべべんぼ」
色のみどり→「びぼり」という発音。
※構音は引き続きまだあります、クリアな発音になっていった単語も増えてきているので焦らずいこうと思います。
1/20
オモチャを片付け。「いれよーっと!」と箱に入れ、入ったら「はいったー」と言う。
1/22
ミッキーマウスがスタイをしているイラストをみて「ミッキーさん エプロン しとー(方言で、してるの意味)」
1/23
「おかーさん コーヒー のみよう(飲んでるの意味)」
「おかーさん にんじん きりよう(切ってるの意味)」等、見た事を三語文で言う事が増える。
歯ブラシを新しくする。(あたらし ふるい)が、分かりやすく伝えられる。
1/24
いただきます→「いったっまっす」
ごちそうさま→「ごっちそっま」と言う。
※今までは手を合わせるだけだった。
「やじるし もういっこ あった」
「チョキチョキ しんぶん きりたい」
椅子の下に隠れて、「K たべべんぼ(かくれんぼ)しとー(してるの意味)」等と言う。
※かくれんぼでは「もーいいかい?」と聞くと「いいかい」と言ってしまう。「“もーいいよー゛だねー(笑)」と教える。
1/25
「とーちゃん(に)おはよう した」
「とーちゃん おふろ 入っとう(入ってるの意味)」
コップの水を飲むのをやめたので「もう、いらないの?」と聞くと
「いる おみず まだ のこっとう(残ってるの意味)」等と言う。
知らない動物のイラストを見て、指差しで聞いてきたので「これは?って聞いてごらん」と声をかけてみると、「こうぇは?(これは?)」と質問を何度かしてくる。
「これ と これ と、、、」とおかしを複数箱から出している。
※○○と○○と、“と”を使ったのは初めて!
「だんこ」は言えるのだが、キビダンゴは「きびがんご」の発音になる。
1/26
ごはん、お魚のおかわりが欲しくて「おさかな まだ いる」と言う。
1/29
とーちゃんを朝、起こしにいく。戻ってきて「とーちゃん おこして きた」と言う。
お人形遊び。「おにんぎょうさん ブップー(車)のったー」
一階の部屋にお昼寝に行く時は
「おにんぎょうさん おるすばん しとく」と二階の部屋に置いていっている(笑)
ジージにハンドスピナー(オモチャ)をもらう。上手に回すことが出来て「ジージ ほめて~」とアピールして言う。
1/30
♪のイラストをみて「おんぷ かわいいね~」と言う。
散歩。大好きなショベルカーを見ていると、工事のおじさんが「乗る?」と誘ってくださる。
乗ると、とてもうれしそう(笑)
帰り道「K ガシーン(ショベルカーの事)のれた」「ガシーン また のりたい」と言っている。
1/31
「T (弟)おなら した」と言い笑う。
先日いとこの子に、ディズニーキャラクターのグミをもらう。名前が分からないキャラクターを指差し、自ら「こうぇは?(これは?)」と私に聞いてくる。びっくり! 2/1
私がお茶を飲んだ後の、空っぽのコップを見て「おかーさんの コップ なんも ない」と言う。
ジージが来る。「ジージの たぎ(かぎ) ポケット はいっとうね(入ってるねの意味)」と言い、鍵で遊びたがり「かして ください」と言っている。
(昨日、ジージのズボンのポケットに入っていた車の鍵を借りて遊んでいた。それを覚えていた様子)
以上です。
総合療法を初めて、半年が経ちました。
半年前1歳8ヶ月のKは、指差しも初語もありませんでした。
目があわず、母親に自ら呼びかける事もなく、共同注視も出来ませんでした。ひとりで遊び、同い年くらいの子どもは苦手でした。
半年後、2歳2ヶ月の現在、三語文がでてきました。
同い年のいとこ子や、お友達の名前が言えるようになりました。

「とーちゃん(に)コーヒー いれる」とコーヒーの紙フィルターをセットし豆を入れたりと、お手伝いも少ししたがります。
何より、目を見てくれます。そして、よく笑います。その事が私は本当にうれしいです。
主人が
『今までは、自分のすぐ、ほんのその目の前の視野にあるものだけで生きていたようだけど、今は、自分のいる空間で何が起きているかな?あの人はどんな人かな?と周りを見るようになった感じよね。』と表現しました。
浅野先生に参考にしてくださいと頂いた「健常児の発達見取り図」と照らし合わせると、
1歳8ヶ月の時点で、身体以外は、おそらく7ヶ月~10ヶ月くらいの発達だったのでは、、、と思います。
今は、2歳-2歳半の欄に書かれてある事も少しずつですが出来ることが増えています。
この半年の日記を見ながら、毎日の小さな小さな変化が積み重なって、今こうなっているのだなぁと振り返りました。
機械音への注意や栄養素の摂取、目あわせを基本にしながら、
総合療法の中に
☆子どもが今見ているもの、している事を話しかけます。
と書いてあり、これも日々コツコツと実行しました。
お会いしたことのある言語聴覚士の方からも同時期に
「お子さんがしている事の実況中継をするといいですよ。実況中継をすると否定的な文も使わないです」と助言を頂いていました。
“語りかけ育児”の本にも
・『できるかぎり「否定的な」話し方を避けてください。声を聞くのは楽しいというメッセージを・・・』
・赤ちゃんの視線に合わせて、見ているものについて話した場面の方が、ことばをずっとよくわかっていました。
と書かれており、そのようにしたいなぁと思っておりました。
(心掛けているものの、ついKが我が儘を言い出すと、怒ってしまうこともありますが、、、(笑))
Kが歩けば「あるいたね~」
ボールを投げれば「ボール 投げたね~」手を叩けば「あっ!手を叩いたね~」お茶を飲めば「お茶 飲んだね~」等、簡単な言葉でたくさん話しかけました。
目が合わない頃は、話しかけても実況中継しても反応がなく、一人で遊びたがったり、私自身つらい気持ちの時もありました。
また、本当にコミュニケーションが出来るのだろうかと泣くこともありました。
でも、“自閉症を克服する“の文の
変わらないということはありません。その考えは絶対に間違っています。あなたの努力は、決して無駄にはなりません。』
というところが、とても印象的で、
あきらめず、している事、見ていると事をコツコツ話しかけました。
これは私自身、家事や下の子のお世話で手が離せない時にも訳だったように思います。
家事をしながらでも、Kのしていることを実況中継しました。
Kが私の家事や下の子のお世話を見たり、手伝いたがったりするようになったら、一緒にやりながら私の行動の実況中継をしました。
お手伝いをしてくれたら目を見て褒めて、笑いかけ「ありがとう、お母さん助かった~」と話しました。
そして、言葉が少し出てきた頃、浅野先生がメールで公文の文カードを勧めて下さり「くつを、、」と私が言うと、Kが「はく」と言ったのを皮切りに、色々な動詞や名詞をどんどん覚えていきました。
今、名詞や動詞をつなぎ合わせることが増えているのは、この積み重ねも関係しているかな、、、と思い返しています。
前回の報告同様
・質問に対する答え方、答える速さ
・質問のはじめ方
・自然な会話
・エコラリア
・独り言 
・構音
等の課題も、もちろんありますが
まずはこの半年でのたくさんの成長を喜び、Kの頑張りを褒めてあげたいです。 そして、『二年間、3ヶ月で4ヶ月分の成長を目指し頑張りましょう』
との、当初の浅野先生のご指導を胸に、これからも経過を見て、日記につけながら、小さな変化を楽しみに頑張りたいと思います。
アドバイスありましたら、何卒よろしくお願いいたします。
浅野先生の最近のブログを見て思いました。この事が広まり、苦しむお母さんや子どもが減ってほしいです。
そして今、苦しんでいるお母さんがいたら、
「私も半年前はよく泣いていました。あきらめないで一緒に頑張りましょう」と声をかけてあげたいです。
半年前、今のKの状況を想像することはできませんでした。
浅野先生に支えられ、アドバイス頂き、本当に感謝しています。
努力はつながると信じこれからも頑張ります。
スポンサーサイト

No title

目が合わなく辛い中でも下のお子さんのお世話や家事の中大変な状況でも、めげずに実況中継をされていたというくだり、とても励まされました!
「努力は決して無駄にならない」という言葉を正に身をもって実践されたのですね。
Kちゃんの輝かしい進歩をいつも楽しみにみています。
いつも解りやすく具体的に努力された内容を書いて下さるので、とてもありがたいです。
Kちゃんの成長はやはりお母さんの日々の惜しみない努力あっての結果なのだなと感じました。
私はついつい色々言い訳して努力を怠ってしまうのですが…苦笑
いいお手本をありがとうございます、うちの子も続けるように頑張りますね♪

No title

会話は成立してるのかな…
なんだか一方的なんだけど。

本を読んでくださったのですか?

パソコンがお得意のようですね。
受け取り拒否をしても、また書き込んでいらっしゃる!

本を読みました。と書き、その感想を書いてくださるまでは、コメントの受け取りを拒否にします。数日たちましたら・・・

ブログ中のK君の成長をどのように感じていらっしゃるのですか?
貴方のパソコンの力で、この事例を広めてください。
こんなに成長した子がある療法があるよ!・・・と

赤ちゃんには、静かな環境が大事らしいよ!・・・という。

No title

貴方の収入になるし、無駄遣いになるので買わない。
図書館にあれば別だけど。
本を読む暇があるほど時間に余裕はない。

貴方のHPには否定的な文章は無いのは
いつもこうやって書き込みを禁止したり
削除しているからだね。
だから貴方の総合療法を終わらせた方のコメントがないんだ。
納得。

貴方を信用して自閉症は治ると言い切るわりには
何故療育に通う人が多いのか
何人が受けて何人が知的障害・発達障害なく成長しているのか
書くことをしないのは何か問題があるのか…
言葉の遅れがなくなったら障害がなくなったと判断していいのか。
疑問は尽きない。

?さんへ

いつも言ってるように、答えは本の中にありますが・・・

総合療法は、子どもに、本当良い事ならば何でも受け入れます。お母さんが良い信じて行うことは何も拒否はしません。
目標は、子どもが普通に生きていけるようになることだからです。

本の中には、他の療法に変わった方の事も正直に書いてありますよ。あなたは本も読まないで、批判するという失礼な方だから、受け取りを拒否します。正当な批判ならば、しません。

貴方のコメントは私に刺激を与え、心に火をつけます!。

3歳の子の母さんへ

先日はコメントをありがとうございました。
子どもは今お昼寝中です(笑)

Kの成長を一緒に喜んでもらっているように感じれて、とてもうれしいです。
こちらも、「3ヶ月でこんなに!」と
びっくりしながらお子さんの様子を読ませて頂きました♪

「子どもらしくかわいくイキイキ、目が輝いている」との内容で、私もニコッとしてしまいました(笑)

感情面や情緒面も、これからもっと成長してくれますように、、、
人の気持ちのわかる思いやりのある子になってくれますように、、、と
3歳の子の母さんと同じように私も思っています。

これからも、また励ましあえたらうれしいです。
コメント、本当にありがとうございました!


Secret

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示