FC2ブログ
   
12
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

1才2ヵ月からのカウンセリング

テレビを消して1年経ちました。

テレビを消して1年、総合療法を取り入れて10ヶ月経ちました。
去年の今日、3月1日(1歳2ヶ月)、子ども相談で自閉性があると言われた息子のK一生手元に置いて親が守ってあげたい…と息子を見ては涙していました。子ども相談ではずっと泣きながら面談したことを覚えています。

今日は一緒におままごとをしながら笑顔いっぱいで過ごしました。三語文も出てきていますが、構音がまだ悪いので、コミュニケーションが抜群にとれる!とはまだ感じませんが、言いたいことはわかるようになりました。
食事の時はこの間まで集中して座れず、介助がほとんどで食べていたのに、この2週間くらい前から、ずっと最後まで座って自分でスプーンとフォークで食べるようになりました。
排便前に『ウンチ』と言うようになったので、4日前から便座に座らせるようにしましたが、毎回おしっこ成功しています。ウンチも1回成功しました。
お友達が大好きで、昨日は仲良しの女の子と手を繋いで散歩しました。

息子は運良く1歳2ヶ月頃から浅野先生のブログに出会うことができましたので、早かったおかげもあり本当に順調にすくすくと成長しています。
浅野先生から、この経過を皆さんにもやり方がわかるように記して欲しい…と言われましたが、今思うと、特に頑張って教え込んだりもしていなくて、テレビを見せないことと外出は早めに切り上げることくらいしかしていないのかも?と思います
栄養素もあげそびれることもありましたし、外出を控えるように先生にご指導頂いたことも何度もありました。
そして、その都度、息子は停滞し、そして回復し…を繰り返したと思います。落ち込んだ時も沢山ありました。

私のように総合療法を百点満点にできてない母親でも、息子は成長してくれました。
もし、皆様も停滞したり少し戻ったりされて落ち込まれる時もあるかも知れませんが、浅野先生のアドバイスを受けながら、日々を過ごしていくと、きっと悩んでいたことの一つ一つが消える瞬間がくると信じています。
そして、成長したらその分、また新たな課題も見えてくるのですが、それも消える瞬間がきっとくると思います。

もし、一つだけ私が私なりにしていたことを挙げるなら、どんな小さな成長でも、毎日帰宅した夫に伝えてました。ささやかな成長が毎日あることで、報告しながら私自身も成長を実感することができましたし、今思うと、毎日伝えることがあった!毎日確実に成長していた!と自信に繋がって、将来の不安を打ち消してくれる自信になったと思います。

長文になりました。
浅野先生、いつもアドバイスありがとうございます。
こういった内容でよかったでしょうか?
この1年の成長は浅野先生との出会いによって起きた奇跡だと思っています。本当に感謝しています。これからもよろしくお願い致します。
*************
浅野 ・・・1才2ヵ月で、様子見、ではなく、「自閉性がある」と言われるのは珍しいと思います。でも、そのおかげでお母さんは悩みましたが真剣になれました。早期の警告は、良い事だと思います。

最初の相談では、早いので、栄養素は無くても、やっていけるかもしれないと言いました。脳を休めて言葉をかける事などの指導で様子を見ていました。 しかし、言葉の発達は遅かったので、途中から栄養素を摂るようにしました。おかあさんが書いていらっしゃるように、ABA的な事はあまりなさいませんでした。それでも、いい、そのようなやり方があってもいい、と思って見守りました。時々くるメールから、外出が多いようだったのでもう少し、脳を休めるようにしましょう。とアドバイスした記憶があります。

トイレトレーニングは総合療法では行いません。そのエネルギーを言葉の発達に持っていきたいと考えます。言葉の発達には感受性期がありますし、言葉が発達することによって知能が伸びると思っているからです。脳と体の神経が発達すると、ある時期には、おしっこもウンチもあっという間に教えるようになります!

皆さんにノートを作ってもらって、始める時の状況を書きこ実、その後は、小さな発達を、目を見るようになった、手をつないで歩けて嬉しい、模倣をした、・・・・などと書き込んでいただきます。Fママさんが書いてくださったように、小さな変化に気を付けていると、毎日のように生長があります。これならば、性格の範囲内まで伸びるかもしれない。と希望を持っていただけるようになります。

がんばったFママさんにコメントをいれていただけませんか!

希望を持ってお母さんが頑張るのが、総合療法です。子どもを変えるのは、毎日かかわっているお母さんです!!!!!
療育の先生方は、お母さんにアドバイスしてください。

赤ちゃんは、騒音の中ではお母さんの声が聞き取れません。
赤ちゃんは、必死になって人間になるために、遺伝子のプログラムを実行しようとしています。・・・と



スポンサーサイト

No title

育児楽しんでるのかな…
2歳になるまで食事に介助が必要だったのなら
食事に興味がないか食べることに疲れるか…
全体的に体力が弱いように感じるけど。
全身運動をさせたほうが良いね。

No title

ご返信ありがとうございます!

育児、楽しんでます。
誤解させてしまう文章になってしまって、ごめんなさい。

外出を控えてるというのは、賑やかな場所への外出という意味でした。
毎日、静かな公園に遊びに行ってます。小川のある遊歩道を散歩する時もあって、近隣の方と接したり、カルガモが見れたり、季節も感じることができて、子どもだけでなく、私も楽しく過ごせています。滑り台やブランコが大好きで、お友達との追いかけっこも真似っこ遊びも好きなので、全身運動はできていると思います。

あと、食事の介助という書き方も悪かったですね。ごめんなさい。
外食では自分で食べるのですが、家では甘えてるのか、自力で食べれるのに、途中から甘えてるのか、食べさせることがありました。

分かりにくい文章で失礼しました。
これからも全身運動させていきます!

No title

このブログの著者は
知恵袋での回答された方の返答の中に
自然音も機械音と同じなので避ける…
過去のブログでは
極力外出を避けるように…
って書いてるけど…どうなんだろう…


No title

家の中では、機械音を無くし窓を閉めれば静かな環境は作れますが、機械音のない児童館や公園に行っても、やっぱり子どもたちが集まると賑やかです。蝉の声やカエルの鳴き声もうるさく感じる時もあります。
私は、自分の声を我が子に届かせたいし、雑音で脳を疲弊させたくないので、機械音を除き、外出は静かな所に時間帯を選んで行ってました。

総合療法をされているお母さん方がずっと信じて継続できていることが真実を表していると思うのですが…。
私たちも納得出来なかったり、効果を感じなかったら、見切って次の手立てをしているはずです。時間は限られていることを知っているので…。

納得が出来ないお気持ちも分かります。お子さんが幼児期を過ぎていて効果を実感できる年齢ではないのだったら…。
でも、次のお子さんが生まれたり、お孫さんが生まれたら、ぜひこの事をお役立てください。

No title

総合療法って何年も続けるものなの?
いつまで続けるの?

No title

総合療法しても効果がない子って
成長・発達していないってこと?
重度の知的障害・発達障害ってこと?

?さん

上記の二つの質問は、本を読めばわかる事なので、ここではお答えしません。まだ本は読んでいただけないようなので受け取りを拒否にします。お金を出して読むのがもったいないのであれば、図書館へ注文すれば、取り寄せていただけるでしょう。

Fママさんへ

おはようございます。
Kの母です。
総合療法の経過を記載してくださりありがとうございました。何度も繰り返し読ませて頂きました。

「きっと悩んでいたことの一つ一つが消える瞬間がくると信じています。
そして、成長したらその分、また新たな課題も見えてくるのですが、それも消える瞬間がきっとくると思います。」
との文章、とても励まされました。

おそらく、Fママさんのお子さんと、Kは同じ年齢月齢くらいかと思います。
Kはテレビをやめて9ヶ月、総合療法をはじめて、7ヶ月がたちました。
課題はありますが、これからも頑張ります。
昨日は、「語りかけ育児」の本や「ふしぎの世界のありす」の冊子を参考に、手作りの簡単パズルを作りました。
今日からKが楽しんでくれたらいいなと思っています。 

読ませて頂いたFママさんの取り組みを、これからも参考にさせて頂けたらと思いました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

No title

fママさんの、「悩んでいたことが一つ一つ消える瞬間」「浅野先生に出会た奇跡」という言葉に鳥肌が立ちました。
まさに、それを実感しているからです。
最初は、本当によくなるのだろうか?みんなはよくなってもうちの子に限っては、こんな症状もあるから、こんな症状が強いから、よくならないのではないか?と不安になる日もありましたが、今思えばそのときの悩みは本当にほとんど消えているんです。
次の気になること、はありますが、今はきっとそれも良くなるんだと思い前向きに過ごせています。
fママさんのそのお言葉は、総合療法を始めたばかりの親御さん、まだ症状が強く出ているお子さん、頑張っているお母さん方の大きな励みになる、素敵な言葉ですね!!

~~~~~~~~~~~~~~~

わが子は先日2歳での経過健診に行ってきました。
1歳半健診で自閉症状が出ていたわが子は、臨床心理士さんの発達相談で、
「お母さん、テレビは見せても10分までですよ」と言われました。(これはわが子がすでに症状が出てたから10分と言われたのかもしれませんが)
「テレビを見せていてそのような症状がでることがある」
「テレビをやめ、物を介しないおいかけっこなどの親子遊びをするように」
「今は集団に入れるより、母子で遊ぶことが大切」
「そのうちにうっとおしいくらいお母さんにまとわりついてくるようになりますよ」と指導されました。
その時の私は自閉症は生まれつきで治らない、遺伝性のものと思い絶望していたのですが、テレビなどの機械音で自閉症状が出ることがあること、出ている症状が機械音の除去と母子のかかわりで改善できる可能性があることを心理士さんの言葉から知りました。

そして、その情報から浅野先生の総合療法に出会い、今のわが子に出会うことができました。
健診から4か月、多動がおさまり、最後まで椅子に座って発達検査を受けることができ、検査結果としては年齢相応、人の顔も見れるようになってきており、親子の関係もできてきていると言われました。
前の状態が続いているようであれば親子教室へ紹介する予定でしたが、親子教室へは参加しなくてよいです、と言われました。
上記にすべては書いていませんが、強い症状はほとんど治まり、あとは定型発達の子と比べると気になるかな?という症状を残すばかりです。
生まれつきで治らないと思っていたのに、奇跡のようです。

この時、テレビをやめるように、そして症状が治まる可能性があると指導してくださった心理士さんにとっても感謝しています。

うちは大阪府のある市に1歳過ぎに越してきたので、1歳半健診が初めての健診でした。
先日保健師さんに伺ったところ、テレビやスマホなどのメディアの機械音が良くないことを健診やベビースクールで指導していて、発達の遅れのある子、テレビの視聴時間の申告の長い子には減らす必要があることを指導なさっているそうです。
先日の再検診の際にも、テレビの視聴時間を確認されました。
わが子のこともお話して、今よりさらに啓蒙活動を頑張っていきますね、と言ってくださいました。

公的機関でも、機械音により自閉症状が出得ること、そして機械音除去と母子のかかわりによって改善し得ることが指導され始めています。
どうか、この活動が全国の自治体、医療機関に広がり、一人でも多くのお子さんがわが子のように救われることを願っています。

No title

Kの母さま。大阪の母ですさま。

温かい返信をくださり、ありがとうございました。
私もお二人のご返信に励まされました。
私も語りかけ育児の本を少し前から読み始めました。そして、この本にもし子どもを産む前から出会っていたらどうだっただろう…
と思ったりもします。
テレビを見せたり、あんなに童謡やクラッシックを聴かせたりすることなんて無かったかも知れません。
子育てを一生懸命頑張ろう!と思って選んだ育児書や英語教材などの宣伝文句の『英語の発音は6ヶ月から!』や『DVDを活用すると生活自立が早くなる!』みたいな言葉を間に受け、DVDデッキを買ったり、毎日刺激を与えようと児童館に午前に午後に計4時間も通ったりすることは無かったかも知れません。

私は、運良く浅野先生に出会えましたが、それは『自閉症』というワードがあったからです。
お産をしたばかりのお母さんが浅野先生のブログや本に出会うことはまず無いと思います。

私も先生や大阪の母ですさまと同じく、どうしたらこのことが世間に知れるようになるのか考えています。

私や総合療法をされているお母さんがそうであったように、新生児を胸に抱くお母さんたちはとても素直に子どもに良いことをしてあげたいと思っているのではないかなと。
その時に与えられる情報が本当に正しいものであって欲しいと思います。
当たり前に流れている産院やNICUのオルゴールのBGMがいつか無くなりますようにとも思ってます。
以前、心臓病の手術をした赤ちゃんは自閉症が多い、と書いてあるネット記事を見ました。双子の自閉症率の高さもネットで知りました。NICUに生後しばらくの期間、入院することが原因?とも感じました。

早く浅野先生の理論が世間に浸透して欲しい…と私も願っています。

No title

Fママさん

仰っていることに、大変共感します!!
私も、少し前に初めて「語りかけ育児」を読んだときに、すごい!とても勉強になる!という前に、なんでこの本を妊娠中に読む機会に恵まれなかったんだろう・・・と落ち込みました。
初めての育児に向けてワクワクして本を買ったりしましたが、赤ちゃんのために静かな環境を整えてあげないといけないなんて全く知らなかったです。

私の出産施設でも新生児室はいつもオルゴールCDが流れていて、助産師さんも「赤ちゃんもリラックスするんですよ~」とおっしゃっていました。
私の母は待望の初孫のために、肌着を縫ってくれたり、ベビー向けと書いてあるCDを何枚も買ってくれたりしました。
通っていたベビーマッサージで販売していたCDを購入して良く流していたこともあります。
赤ちゃんがリラックスできるかな?楽しいかな?と思っていました。
みんな知っていれば、静けさを作ってあげることぐらいとっても簡単で、喜んでするのに・・・!と思います。
心臓病手術の赤ちゃんや双子の赤ちゃんの例もあるのですね。

今思えば、歌詞が思い出せないからとスマホで童謡を流しながら歌っていたときや、歌の流れる絵本をすぐ顔の近くにおいて流しながら歌っていたときに、うるさがっているように見えることもありました。
まだ、赤ちゃんで言葉が言えなくて自分で体をそむけることもできなくて苦しかっただろうと思い、思い返すと胸が痛くなります。

「3歳にならないと診断できないから」と様子見になる状況も早く変わっていってほしいですよね。
Fママさんのお子さんと違い、わが子は明らかな多動や自閉症状が出ていても「コミュニケーションがマイペース」と言われました。
でも、質問・確認されることは明らかに自閉症の特性に関することで、後から自分で行ったM-CHATTで自閉症ハイリスクが示されました。
大阪府では(もしかしたらうちの市では?)1歳半健診でM-CHATTが用いられ)発達障害の早期発見を目指す取り組みをしているようです。
でも、保健師さんも心理士さんも、わが子は自閉症になる可能性があるのか尋ねてもまだわからないという返事しかなく、M-CHATTにたどりつくまで私が毎日していたことといえば、わが子と同じような症状の子が成長して自閉症になるのか個性の範囲の定型発達になるのか検索しては一喜一憂することでした。
そして似ているお子さんのほとんどが後にグレーかスペクトラムと診断されていていても、ごくわずかの未診断のお子さんのケースにわが子もなるんだと思い込むことでしか心が保てませんでした。

浅野先生のように、自閉症ハイリスク児としてみて今日からできることがあります!と指導してもらえれば、自閉症かそうじゃないか毎日思い悩む日々から解放されます。
様子を見ないで今日からできることを頑張ろう!と気持ちも切り替えられます。そのほうがきっと多くのお子さんとお母さんが救われますよね。

Kの母様
うちも同じような月齢になるので、いつもとても参考にさせていただき、また心強く感じております。

また、3歳代から始めた方ももちろん効果が出て、(最近では4歳のお子さんも・・・!)お子さんも親御さんも喜ばれている姿に、総合療法はやっぱりすごいなあ、自分も頑張ろうといつも感動し力を頂いています。

予防としての機械音除去が浸透すると同時に、治療として静けさで脳を休めるという総合療法の要素が、療育でも取り入れられていく世の中になったらよいですよね。

長々と失礼致しました。

はじめまして。NICUの話が出ていたので横から失礼します。子供達が2ヶ所のNICUを経験しました。NICUでは常時オルゴールが流れているところもあります。ですがそれ以外に、未熟児たちは沢山の機械に囲まれて、手足に管を繋がれます。心音も機械を通してずっと響いています。小さく帝王切開で産まれた未熟児たちは呼吸を忘れることが多く、この時、大人が聞いてもビクッとするほど大きな音が鳴ります。沢山の赤ちゃんがいるので、これが5分に1回のペースで鳴り続けていました。仕方のないことですが、こんな環境で長期間入院せざるを得ない赤ちゃんは、少なからず脳に影響があるのではないかと思います。
我が子たちも1ヶ月半入院し、目を開いた時には1人に遠視と斜視がありました。生まれつき…と診断されましたが、もしかしたら機械音が関係しているのかもしれません。
私は先月から総合療法を始めたばかりの者です。上に皆さんが書かれたコメント、本当に励みになります。今はまだ不安ばかりですが、信じて頑張ろうと思います。

大阪の母ですさんへ
メッセージ、とても嬉しいです。これからも励ましあえたら幸いです。ありがとうございました!

Fママさんへ
お返事までありがとうございました。いつも温かく、心強いコメントにホッと読ませて頂いております。

双子の母さまへ
みなさんで励ましあって頑張れたらいいですね!
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。



No title

双子の母さま。

ご心配もご苦労も大変さも私の2倍だったと思うと心が痛みました。
でもこれからの変化の喜びもきっと2倍になると信じています。

私も始めたばかりの頃は同じでした。良くなっていってることを実感しながらも将来への不安も捨てられなくて、何とも言えない『もしも性格に特性が残ったら…』みたいな気持ちがありました。
でも、1年経った現在の気持ちは、何とも言えない不安は無くなっています。
これからも不安になりましたら、お互いに励ましあっていきましょう。

Secret

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示