FC2ブログ
   
12
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

聴覚過敏に苦しむ子どもたち!治したい!

多くの子どもたち、そして大人も、聴覚過敏で苦しんでいます。パニックを起こすほど・・・

どうして、聴覚過敏の人が多いのでしょうか?

遺伝子だけが原因でしょうか?

テレビや音楽など、機械音がいっぱい脳に入ってきたから、聴覚過敏になったのではないでしょうか?
”そんなことない!” と言えるのでしょうか?
機械音を除いて改善していきました!

本から、自閉症を発症した子どもたちに、かなりの音刺激が、脳に入っていた記録を探しました。
日本の方のは除きました。理由は?分かっていただけるでしょうか?
***********
機械音が該当する記述を探して  
      
「自閉症の子を持って」   式部隆  新潮社
 喃語が消えたころから、文字・数字・記号などに強い関心を示し始めた。特に英語・教育ビデオが大好きでテープがすり切れるまで繰り返し見ていた。
 2才になる前にビデオデッキのやり方を習得していた。
 彼はテレビが常についていないとキゲンが悪い
ところが、高機能自閉症者の講演記録に、テレビの音声が外界と自閉症者の内面世界を遮断しているといった趣旨の発言があったのを読んですっかり考えさせらられてしまった。・・・
********

 「自閉症だったわたしへ」    ドナ・ウィリアムズ  新潮社
*2才頃-わたしは目を丸くしてそれらを見つめながら、父のヒザの上で、まるでお気に入りのおはなしのレコードに聞き入るように、耳を傾ける、頭の中では自分で、レコードと同じ「はじめの言葉」を繰り返す。「これはオリジナルLPレコードです、さあー、これからお話をはじめますよ。今日のおはなしは・・・」
*クラシック音楽が大好きだった。
*トム(弟)・言葉も早く、小さいうちから大人のように話したが、発音とアクセントは変だった。・・・私たちオーストラリア人の中でトムだけはまるで船からおりたばかりのスコットランド人のような話し方だった。・・・2才の時に精神科医へ連れていかれて…見た事もないほど重症の多動障害だと言われた。
*トムは又、大芸術家の素養があるかと思うほど、音楽が好きだった。私も音楽が好きな点では同じだったが、トムの方は教えられなくても何でも自分でほぼ完璧に出来るようになってしまうのだ。それなのに人から教えてもらうということは出来ない。
************

「壁のむこうへ(自閉症の私の人生)」  スティ―ブン・ショアー 学研
   * 母はクラシック音楽が好きだったし、又自分の精神安定のために必要として いたこともあって、ラジオは常に地元のクラシック音楽のチャンネルに合わせてあった。
   * 頭の中ではいつもテレビのコマーシャルの声が聞こえていた・・・
   * スティーブンは1才半まで正常に発達していた・・・いつも機嫌の悪い子・・・  2才前半あたりでしゃべらなくなり・・・あの子は音学的には目覚めていました。私がいつも音楽をかけると、テンポに合わせて体を動かしていました。

**********
「自閉症児イアンの物語 (脳と言葉と心の世界)」 ラッセル・マーティン  草思社
*「イアンがテレビ漬けになるのは、良くないんじゃありませんか」と心配して  くれる人がいる…イアンは映画狂で・・・彼は「シャーロットの贈り物」を 多分1500回は見ているだろうし、両親はテープがすり切れないうちに、と、好きなビデオをまとめて定期的にダビングしている。・・・ビデオデッキが壊れる日に備えていた・・・好きな音楽をかけさせることもあった。…ダンボ・黒馬物語・ワンワン物語・くまのプーさん・
*大きな音、かん高い音には、身をよじって恐怖を示す。
*イアンに耐えられなかったのは、犬の鳴き声だった。掃除機やミキサーのかんだかい音、パトカーや消防車のサイレンも怖がった。こういう音が聞こえるたびにイアンは悲鳴をあげ、パニックにおちいり、両手で必死に耳をふさいだ。

**********
「高機能広汎性発達障害」   杉山登志郎  辻井正次  ブレーン出版
*3才 初診時の発語はほぼコマーシャルのオウムがえしのみ
*初診時の会話は可能であるが、言語的な表出は苦手で、テレビのクイズ案組に凝っており、漫画やクイズ番組のファンタジーに没頭していて、独語や空笑いが見られ・・・
*ミニカー並べ、ビデオへの執着、マーク、商品名をよく知っている。CM、天気予報が好き
************

 「自閉症感覚」   テンプル・グランディン  NHK出版
*私は周りの騒音が大きすぎると聞きづらくなります。まわりで発生するありと あらゆる音と話し相手の声が聴き分けられないのです。
*聴覚処理障害は…ナンバーワンにあげています。
・一般的な大きな騒音に敏感な事。音が詳細に聞きとれないこと
・一つの音をほかの音と聞きわけられなかったり
・単語の無声子音が聞き取れなかったり・・・
    *騒音にとても敏感だと、音で耳が痛くなり、神経が消耗しかねない。音に敏感なせいでレストランや事務所やスポーツ会場など、普通の場所が耐えられない人もいます。
*子ども向けの簡単な療育プログラム・自閉症の知識以上に、自分で行おうという自主性と、わが子を救いたい、という強い気持ちが大切です。一日中テレビを見せっぱなしにしたり、ぼんやりさせておいたりするのはいちばんいけません。
*自閉症の子ども一人の介護に必要な費用は、(アメリカ自閉症協会によると)  生涯で約3億7千万から・・・
****************

「自閉症の脳を読み解く」  テンプル・グランディン ・リチャード・ペクネ共著
*自閉症の脳は、壊れているのではない。・・・私の回路は断ち切られていない、順調に発達しなかっただけだ。・・・自閉症の脳がこのように圧倒的に正常であることはよく見られ、決して珍しくない・・・言葉を話さず、自傷行為があり、何回も発作を起こした子どもでも、脳は正常に見える。これは意外と思うだろうが、自閉症でもっとも不都合な真実だ。
***********

自閉症児のお母さんのブログより
*寝覚めに教育テレビをつけ「みいつけた」を見て、「おかあさんといっしょ」の  頃に・・・朝食を・・・
*年少さんの頃までは、出かけるぎりぎり迄、朝のテレビを見つづけて
*わが家のHDDのテレビ録画には、アンパンマンがたくさん入っていて・・・
**********

「広汎性発達障害の子どもたち」  辻井正次  プレーン出版
*障害を無くすなんて考えは現状ではしても仕方ない、と思います。
*自閉症児の早期の言語発達の部分ですと、生れて最初のことばが「ハウスバーモンドカレー」とか「トヨタカローラ愛知」だったりするんですけど・・・一番驚いた子ですと、生れて最初のことばが食中毒のニュースで話題になった「O-157」でした。
*ビデオの「シマジロウ」を忠実に再生できる子がいますよね。止めさせると怒ったりして・・・

**************
「発達障害の豊かな世界」 杉山登志郎  日本評論社
   *もう一つの問題は、自閉的ファンタジーへの没頭である。・・・高機能者には必ずと言ってよいほど、ファンタジーへの没頭が小学校高学年から青年期にかけてみられる。その多くはアニメのキャラクターであったり、テレビの主人公であったり・・・
**************

「続・ことばを育てる―お母さんの手記」  増井美代子・田口恒夫 
*敏明くん
 テレビをつけっぱなしでないといやがる。
 12/8 テレビのマンガも最近はよく見てゲラゲラ笑っている
 3/29 テレビのタイトルの裏に流れているメロディなど随分覚えにくいと思うのだが、正確に口ずさむ・・・
*守くん
   * 2才4ヵ月頃からテレビのマンガの主人公や、コマーシャルに出てくる商品名など言うようになってきた。
   * 3才  11/20相変わらずコマーシャルばかり言う
              テレビを見て、画面に出てくるものを説明する
52・3/5 医師指導・テレビにあまりこだわらず、テレビがついている方が安心のようならば、付けたまま生活して下さる方がよい
  5/30 相変わらず、テレビを朝から夜までつけっぱなしでいる。
  9/14 相変わらず、コマーシャルや本に書いてあることをペラペラと一日中しゃ   
べっているか・・・
 
************
「テレビを消したら赤ちゃんがしゃべった!笑った!」片岡直樹 メモタル出版
   * 新しいタイプの言葉の遅れ・テレビが作る後天的コミュニケーション不良・テレビが新しいタイプの言葉遅れの子を作る。
* アメリカの小児科学会では1999年(H11年)に小児科医は、2才以下の子どもを育てる親に「テレビを見せてはいけない」と伝えるべき」と指導し、コミュニケーション能力の土台が培われる以前の乳幼児にとってテレビ・ビデオは有害でしかないと主張していますが、私もまったく同意見です。日本小児科学会H16年に「2才までの子どものテレビ・ビデオ視聴は控えましょう」という提言を出しています。


「0~4歳の脳を元気にする療育 発達障害と改善事例44」浅野幸恵 築地書館
* 改善事例44例は、機械音が該当していた乳幼児(3才まで)が、機械音を除いて改善していった経過です。多動などの多くの症状で育てにくかった子どもたちが、かなり劇的に改善して育てやすくなります。
* 機械音は・テレビ・ビデオ・英語のDVD・育脳クラシック・早期教育教材・等を長い時間、聞こえていた。あるいは見ていた、という環境が該当しました。

***************
これは、偉い学者の先生の本から・・・それでも療育とはつながりません。なぜでしょう。
 ">>「教育と脳」  永江誠司*情報が氾濫して脳の負担が高まっている事
*学習障害やADHDなどへの対応・・・乳児期から情報機関にさらされる事が原因であるという説もある
*子どもに与えられる過剰なストレスが脳機能に及ぼす影響・・・虐待、いじめ、早期教育など・・・子どもに与えられる過剰なストレスが、脳機能に及ぼす影響の解明が必要・・・ビデオ、テレビなどに早期から、あるいは長期にわたってさらされることの、脳機能への影響に関する研究・・・
*早期教育の効果については、常に慎重な評価をしていかなければなりません。シナプス 競合として述べたように、特定の機能を使うことによって、その脳機能が伸びたとしても、その時に使われなかった機能の脳のシステムが衰弱してしまうということもあるのです。ある特定の早期教育を行うことで、本来その時期に経験しておくことが必要な機能を使わなかったり、また、必要な刺激を遮断してしまって、その機能の伸長を阻んでしまうということが起こりうるのです。そのことが正常な脳の発達を歪め、ひいては健全な能力と人格の発達を阻むことになる危険があるのです
    
スポンサーサイト
Secret

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示