FC2ブログ
   
12
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

公文・文カード1・2 の使い方・1

単語が出るようになり、増えてくると公文の文カードを用意していただきます。
単語が増えて、動詞と形容詞が少し理解できるようになった時、文カードを使って、2語文が言えるようになるのを促します。

最初は、単語のカードとして単語を教えます。最初から言わそうとは思わないで、理解言語を確認します。
「鳥・はどれかな?」などと、出来れば、すごくほめて喜びます。
できないときは手をもって「これだね」と言って教えます。そして、もう一度「鳥はどれかな?」と聞いて、指さしたり、取れればうんと褒めます。
カードは5-7枚までを使います。
いつもできるようになったら、そのカードは除いて新しいカードを入れます。しばらくして、覚えているかまた入れて確認するといいでしょう。できるカードを5枚くらい、、まだできないカードは2枚くらいがいいでしょう。それが楽しくできるようです。
できないカードばかりでは、子供はやる気を失います。

長い時間はしないことです。嫌がる様子を見せたら、最後はできる問題を出して、「よくできたね」とほめてご褒美をあげてやめるようにします。短い時間を一日に何度か、楽しくするといいでしょう。
カードは日常でよく使うような文のカードを選ぶようにします。
すると早く2語文が出るようになるでしょう。
最初は理解言語を増やすことです。言わせようとしない事です。そこは、あせらないで・・・読


スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

Secret

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

プロフィール

なかさっちー

Author:なかさっちー
浅野幸恵プロフィール
2-3才の言葉の遅い幼児のカウンセリング
3カ月で激変する綜合療法
著書
「問題行動と子どもの脳」 築地書館
「脳から治す心のトラブルと不登校 」築地書館
岐阜県にて「あい子ども相談」を開いている。
メール・電話・Faxでも受け付け
現在、カウンセリング記録
「脳を元気にすると、言葉の遅れも多動も改善!体験記録」
  が出来ました。公開中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

フリーエリア

http://blog-imgs-48.fc2.com/y/o/u/youjikyousitsu/201203021424178a1.jpg

フリーエリア

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示